台東区(上野・浅草)のランチ情報やイベント情報をスタッフが探検!写真付きで紹介するブログです!

上野・浅草ガイドネット トップ > 探検隊 トップ > 地元ネタ | 特派員 > 昭和30年代の駄菓子屋のもんじゃの秘伝レシピー

昭和30年代の駄菓子屋のもんじゃの秘伝レシピー

最近の「もんじゃ」は、私から見れば「もんじゃの様な物」で
私の中の「アノもんじゃ」ではありません。
monja09.jpg

(これは「現代もんじゃ」です。)

昔のもんじゃとは、似て非なるものです。
では、昭和30年代の駄菓子屋のもんじゃの秘伝レシピーをお教えします。

「材料」
1、(昭和30年代当時)台東・荒川・北区周辺の住民の健康維持の為に塩素のタップリ入った三河島浄水場(いまは、こ洒落たネーミングにして三河島水再生センターというそうですが、浄水場は浄水場です!)の水道水を多めに。塩素のピリピリ感が隠し味になります。どうせ蒸発しちゃうのだから分量はいくら多めでも関係ありません。

2、ほんのチョッとの小麦粉、どうせ色づけと粘りをだすためだけだから、ないときは極僅かの障子のノリでも構わない。但し、わるガキ共が「オバサンん!これ粉はいっていないのじゃない!!」って文句を言わないくらいの色づけと粘り程度でよし。

3、ほんのチョッとのキャベツこれは目に見えるのでわるガキ共をごまかすのが難しいけど葉っぱの部分はもったいないので「芯」の部分を細かく切ってごまかすか、どうせわからないから白菜の「芯」を細かく切ってもいい。

ただし、まったくミドリがないとわるガキ共が「これキャベツはいってるのぅ?」と疑いの目でみることもあるのでほんのチョトだけ葉の部分をいれる。または、これで内容物の「偽装表示」にはならない。とっても良心的な商売です。

4、調味料は塩だけ。子供達の健康を願ってあげて1ヶ月前から神棚や仏壇にのっていた塩を極僅かでも全く構わない。

問題は、わるガキ共がもんじゃを焼くときにテーブル上のソースをもんじゃ本体の味のなさをカバーするためにボジャボジャといれるので最初からビンの4分の1ほどしかいれておかない。

そしてそれもどうせ蒸発しちゃうのだから、ソースの原液1に対して三河島浄水場の水1の割合にする。わるガキ共が「オバちゃんソースないよ!といわれたら。「ソースをあまり食べるとバカになる!」などと、訳わからないことを言って絶対にソースを追加しない!

これが子供達が将来、高血圧にならないように気を配ってあげる心配りです。おかげで、私は55歳の今でも血圧は80から130の間です。これも、あの駄菓子屋のババぁ、おっと、失礼しました。超高齢女性オーナー経営者のおかげです。以上

「ちなみに、容器は、端のかけたご飯茶碗か湯飲み茶碗。
どうせ、わるガキ共に割られるので間違っても割れていない器を
つかわないこと。ミケさんやポチさんと共有でも全くも問題なし。
三河島浄水場の強力な塩素がどんなばい菌も殺菌してくれるからです。」

つまり、アノ当時の駄菓子屋の「もんじゃ」とは、鉄板で水道水で割った極僅かの小麦粉の水溶液にソースをボジャボジャといれて、鉄板上で焦がしソースの味を邪魔しない程度にポツポツとキャベツのような物が点在している鉄板上の「コゲ」の事をいうのです。

Popularity: 4% [?]

No related posts.

関連記事はYARPP関連記事プラグインによって表示されています。

上野・浅草ガイドネットはココにいる! 上野も浅草も美術館もくわしいよ!
特派員ジモジー(地元のオヤジ) この記事のライターは 特派員ジモジー(地元のオヤジ)
ひとこと挨拶 パソコン超初心者の上野の旅館の55歳の、お気楽旦那が特派員として初挑戦!「上野浅草のおもしろ情報」をお届けします。
この記事は作成日(2008年01月30日)の取材情報を基に作成されています。掲載情報について変更されている場合が御座いますので、予めご確認の上ご利用くださいますようお願い致します。
また、店舗などの移転や閉店、情報の間違いなどお気付きの点が御座いましたら、「お問い合わせ」よりご連絡下さい。

コメント:2

せんだみつお 09-09-09 (水) 18:02

40年代前半ですが、江戸川区で私が食べていたレシピとほぼ一緒です!
畑の一角に立つトタン作りの小屋で熟練女性オーナー1人が切り盛り。もんじゃ専門店のさきがけといってもいい、
先進的なお店でした。
入り口を入ってすぐの土間には駄菓子が少々。右手の座敷(確か、板張りにゴザだったような・・・)
には4卓ぐらい。土間でお金を払って、アルミ椀に入ったもんじゃを受け取り、靴を脱いで座敷に上がります。
空いているところに陣取って(混雑時はもちろん相席)、まずはテーブル上に置かれたソースをドバドバ入れます。
具なんてゼロに等しく、キャベツみたいな物体が2、3本(千切りなので・・)浮いているだけ。
もったいないから一気には焼かず、ちまちまと小分けにしてました。
トッピングやサイズなどなく、一杯15円。
まさに、鉄板上の「コゲ」を食べてました。
小学生になって転校した学校近くの駄菓子屋さんでは50円でした。
このころ、ベビーラーメンをトッピングする贅沢を覚えました。
中学生になると、足が遠のき、久しぶりに食べたもんじゃは100円になっていました。
懐かしい。の一言です。
江戸川区は更に下流で水が悪いので、塩素濃度高め。健康的ですね(笑)

nobo 10-03-30 (火) 1:16

今から思えばこげの美味しさを知った最初の食べ物でした
川口市ではボッタラと言っていましたね

記事に対するコメントをどうぞ!!
次回からニックネームの入力を省略しますか?

探検隊 トップ > 地元ネタ | 特派員 > 昭和30年代の駄菓子屋のもんじゃの秘伝レシピー

ガイドネット企画

台東区のお店新着情報

グルメ

ショッピング

美容・癒し

遊ぶ・学ぶ・泊まる

サービス・ビジネス

TWITTER
人気メニューの特集
  • 上野と浅草!ラーメン激戦区大特集
  • 浅草 夜のグルメ特集
  • 東上野コリアンタウン特集
  • 鍋料理特集
お買い物エリア紹介
  • 上野ウェルカムモールグリーン特集:上野第一商業協同組合
  • 東上野コリアンタウン特集
  • キムチのお店特集
  • 浅草ROX特集
  • 浅草でおもいっきり遊んじゃお~!
美容・健康の特集
  • 上野で人気のネイルサロン店特集!
  • 上野の美容室・美容院
  • お風呂・銭湯特集
サービス・情報特集
  • 上野・浅草のホテル
  • 自分をスキルアップ!上野・浅草スクール特集
  • 車・バイク関連のお店特集
  • 修理・リメイク特集
その他の情報
フィード

このページの先頭へ戻る