日曜日、東京国立博物館へ行った帰りに、
その向かい側にある旧東京音楽学校奏楽堂の前を通りかかると
入り口にパイプオルガンの演奏会の案内が掲示されていました。
奏楽堂
時間を見ると、あと5分ほどで始まるとのこと。

そして、入場料は、たったの300円!!ではありませんか!!

ちょうど博物館で歩き回って足が疲れていたので
入ってみることにしました。

ホールに入ると天井には豪華なシャンデリア
そして正面のステージにはパイプオルガンがありました。
雰囲気たっぷりのホールに、座り心地の良い座席。
ここは明治23年につくられた日本で最初の洋式音楽ホールなのだそう。

演奏は東京芸術大学の学生さんでした。
もしかしたら、この演奏会は学生さんたちが
観客や演奏会独特の雰囲気に慣れるためのものなのかもしれません。

パイプオルガンの演奏を生で聴くのは初めてでしたが
温かみのある、やさしい音色で、とっても癒されました。

この演奏会、
第2・第4日曜日がパイプオルガンの演奏で
第1・第3日曜日はチェンバロ演奏、
第5日曜日は日曜特別コンサートとなるそうです。

博物館や美術館を訪れた際に立ち寄られてみては?

***散歩DATA***
日曜特別コンサート
場 所:旧東京音楽学校奏楽堂
開催日:日曜日(午後2時と3時の2回、各30分間の演奏)
入場料:300円
***********

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です