昭和30年代、台東区立の小学校の修学旅行はほとんどが日光でした。日光東照宮はお決まりの見学コースした。
でも、ほとんどの子供達にとっては、夜の枕投げやキャンプファイアーの方が修学旅行の思い出に残っていたのではないでしょうか。
日光東照宮でのメーンは落語やお芝居で親しんでいたので、馴染みやすかったので左甚五郎眠り猫でした。
そして、初めて見た子供たちが必ず言う言葉は「なぁーんだ、ちっちぇいなぁ・・、上野東照宮の龍の方がゼンゼンおおきいぞぅ!」でした。
当時の私達には名工の眠り猫の良さは、ほとんどわかりませんでした。
ワルガキ共にとっては「大きいか、小さいか」が大切だったのでしょう。

まあ、小学校の修学旅行の思い出ってそんなもんでしょう。
karamon.jpg
その、唐門に左甚五郎の昇龍(のぼりりゅう)降龍(くだりりゅう)がありますので、春になりお花見で上野にいらっしゃった時、お時間があればチョッとお立ち寄になり、ご鑑賞なさってはいかがですか。
上野動物園表口向かって左側にある鳥居をくぐってお進みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です