皆さん森林浴ってご存知ですよね。

森や林の中を歩いていると自然と深呼吸したりしますよね。

そして、気持ちよくなりますね。

07-11-26_10-15.jpg

木から出るフィトンチッドという物質が人間に爽快感をもたらすといわれているそうです。

このような科学的理由だけでなく、私は精神的な理由として「樹」から「気」を頂いて、もっと簡単に言えば「木からパワーをもらっている」と考えています。

ようするに何十年、何百年といき続けている木の生命力に「触れ」て「気」を頂くことによって、気分爽快になりそれによって免疫力も高まるのではないかと「私」は信じているのです。

やり方は簡単です。元気な巨木をみつけてその幹に両手のひらを合わせて、その木の生命力を自分の体に分けてもらうと意識しながら深呼吸を5回ほどするだけです。

これがまさしく「気(樹)は心」「気分(樹分)の問題です」ね。

ネットで調べたら樹林気功ってサイトがありました。

ご興味のある方は読んでみてはいかがですか。

ただし、私がやっていることはこんな難しい事じゃないですよ、あくまで我流です。

上野公園には結構大きな木が沢山ありますから皆さんも試してみてはいかがですか。

歩いている人に変な目で見られたって良いじゃないですか、ジモジーの心得の一つ「人に迷惑をかけなければ、人の目をあまり気にしない」ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です