妙心寺。

こういったものに今までまるっきり関わりが無かった私スタッフHですが、ちょっとでも関わりができたらスグにヤホーやらゴーグルで調べるんですが(お笑いグループ「ナイツ」のネタより)、妙心寺とは京都にある寺院だそうです。その、妙心寺の初代住職様の(なんと!)650回忌の記念として特別展が開催される、ということのようです。

91-21r0013578

当日券は一般で1,500円。中学生以下は無料!ですので、お子様連れでも十分に楽しめます!

こういった展覧会では、大半がそうなんですが

91-21r0013576

向かって右にある看板のようなものが置かれています。一体これがなんだって?ちょっと疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、実はコレ…

91-21r0013577

展示替情報であったりします。これ、とても重要なんです。

こちらにあるように、前期(1月20日[火]~2月8日[日])と後期(2月10日[火]~3月1日[日])までとわかれており、それぞれの期によって展示品が入れ替わります。という事は、

一つの展覧会で2度楽しめる!という事なのです!

毎度のことではありますが、後期の終盤ともなると大変混雑するので、はやめはやめに行かれると空いてて見やすいとおもいます!

91-21r0013575

妙心寺展についての情報は、

探検隊:【妙心寺】展 プレス内覧会
展覧会情報:特別展覧会 開山無相大師650年遠諱記念「妙心寺」

当サイトでも、色々とご覧いただけますので是非ご覧くださいませ(*´Д`*)

そのまま大きくまわって、東京都美術館へ。
東京都美術館では、1月24日より「アーツ&クラフツ展」が催されます。

91-21r0013579

現在は、その準備中なのか特別展が開催される前の慌しいスタッフとは別に、入り口には人がまばらでした。家具などが展示されるほか、衣類なども展示されるようです。とても楽しみですね!

そして、

91-21r0013573

当ガイドネットのトップページでもバナーを掲載し紹介させていただいておりますが、2009年 世界遺産登録へということで、国立西洋美術館の本館がユネスコ世界遺産へ推薦されております。

フランス人建築家「ル・コルビュジエ」という方が設計した本館は、日本で唯一の「ル・コルビュジエ」氏が設計した建物として各国にある23箇所のコルビュジエ建築とともに推薦した、という事のようです。

普段何気なく見ている国立西洋美術館ですが、そんな歴史があったとは!!!

91-21r0013574

知ってから見ると、この建物もよく見れば…!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です