こんにちは動物園担当のスタッフFです。

本日は上野動物園にアイアイのすむ森のオープン記念式典へ行ってきました。
夏を思わせる気温の中、都議会議員をはじめ多くの関係者が集まり式典が催され、駐日マダガスカル共和国大使は環境の悪化を危惧し、動植物の保護を訴えていました。

このアイアイのすむ森はマダガスカルに住む動物を紹介する施設になっており、レムールの森とアイアイの森に別れ、主にキツネザルやアイアイの展示を中心に構成されていました。
マダガルカルは8000万年前に超大陸「ゴンドワナ大陸」から分かれ島になったと言われており、その為に固有の動植物が9割と高く、近年でも新種の動物が発見される希少な場所になっています。

今回、この森は最近では良く聞く行動展示の動物が見られ、不忍池にバオバブの擬木が造られ、綱を渡る姿や日光浴をするワオキツネザルが見られたりとユーモアな姿が見れるのが楽しみそうです。(今日はまだ慣れていないようで公開はしてなかったです)

今週末はこの新施設の希少な動物を見におでかけしてみてはいかがですか・・・。

2
子供たちによる花束の贈呈です。少し緊張ぎみ・・・。

3
みんなの合唱でセレモニーを盛り上げました。もちろん歌うは「アイアイ おさ~るさ~んだよ」

4
子供の歌以上に熱かったお母さんたちの視線。

5
テープカットでいよいよオープンです。

6
こちらがアイアイのすむ森の入口。橋は浮いているのですこし揺れます。

7
バオバブの擬木。まもなくワオキツネザルが日光浴する姿が・・・

8

9
アイアイの森は夜行性のため暗く、明るい所から入ると真っ暗。

10
こちらがアイアイ。夜行性のため暗くする必要が。現在7いるそうです。

111
こちらマダガルカルのゴキブリです。動きは日本のように速くなく普通の虫くらいでしょうか。なぜゴキブリが・・・?

12
こちらは竹を食べるキツネザル。30cmくらいで動きが愛らしいです。

こちらの公開は本日12時~一般公開になっています。

合わせて動物園のイベント情報もご覧下さい。
→イベント情報

【恩賜上野動物園】
[開園時間]午前9時30分~午後5時(入園は午後4時まで)
[入園料]一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です