ニシローランドゴリラの赤ちゃん「コモモ」公開

上野動物園では平成21年11月14日にニシローランドゴリラのモモコが出産し赤ちゃんは命名募集によりコモモという名前がつきました。その後コモモは順調に育ち、外気温も高くなってきたので、今回屋外の展示場で公開することになりました。

公開日 4月23日(金)
15時~16時
※体調不良・雨天・外気温が16℃未満の時は展示しません。
※展示中であっても、降雨・気温低下などの時は寝室(非公開)に収容する場合があります。
公開場所 東園 ゴリラとトラのすむ森 第一展示場
上野動物園の飼育状況 8頭(オス3頭、メス5頭)
■オス
「ムサシ」29歳 2000年10月6日 釧路市動物園より来園
「ハオコ」16歳 2007年6月27日 オーストラリアのタロンガ動物園より来園
「モモタロウ」9歳 2008年12月2日 千葉市動物公園より来園

■メス
「ピーコ」39歳 1993年4月18日 広島市安佐動物公園より来園
「トト」31歳 1999年7月9日 静岡市立日本平動物園より来園
「ナナ」27歳 2006年12月5日 愛媛県立とべ動物園より来園
「モモコ」26歳 2008年12月2日 千葉市動物公園より来園
「コモモ」0歳 2009年11月14日 上野動物園生まれ(母親:モモコ、父親:ハオコ)

国内飼育状況 飼育園10園24頭(オス13頭、メス11頭)
※2009年12月31日現在
参考 ニシローランドゴリラ(霊長目 ヒト科)
ワシントン条約(CITES)付属書第Ⅰ表、IUCNレッドリスト:CR(近絶滅種)
東京都ズーストック種
【学名】Gorilla gorilla gorilla
【英名】Western Lowland Gorilla
【頭胴長】150~170cm 体重:90~180kg
【分布】コンゴ、ガボン、カメルーン等の熱帯林に生息している
【生態等】体色は黒色が基本であるが、褐色や灰色がかっていることが多く、オスは頭の毛が赤茶色の個体が多い。成獣のオスは背中から太股にかけて体毛が白くなる「シルバーバック」になる。シルバーバックのオス1頭にメス数頭とその子供たちからなる10頭前後の群れで生活している。アフリカショウガ、クズウコン等の草木の他、果物、昆虫も食べる。西アフリカで200,000頭以下が生息していると推測されているが、環境破壊、病気、狩猟で減少の危機にさらされている。
企画展「野間馬のふるさと展」と記念イベント開催

上野動物園では古くから日本人と生活してきた在来家畜の収集・展示に力を入れており、なかでも在来馬はキソウマ、トカラウマ、ヨナグニウマ、ノマウマと4種類飼育・展示しています。ノマウマは、日本の在来馬のなかでも最も小さな種類で、現在の愛媛県今治市付近で農耕や荷物の運搬用に飼育されていました。このノマウマについて多くの皆様に知っていただくため、企画展「野間馬のふるさと展」と記念イベントを開催します。

企画展「野間馬のふるさと展」
日時 5月11日(火)~5月20日(木)
10時~15時(15・16日は~17時)
場所 西園 ズーポケット 動物園ホール1階
内容 ノマウマの特徴や現在の状況、ノマウマを生み出した風土などをパネルで紹介
記念イベント
【1】オープニングセレモニー
日時 5月15日(土) 11時~12時
場所 西園 動物園ステージ(雨天の場合は動物園ホール内)
内容 愛媛県今治市長・上野動物園園長のあいさつと、ノマウマ「えりか号」の紹介。参加者には抽選で野間馬グッズなどを差し上げます。
※抽選券の配布は10時30分~、先着300名
【2】ステージイベント「ちびっ子のまうま祭 in 上野動物園」
日時 5月15日(土) 13時~13時30分、15時~15時30分
5月16日(日)10時30分~11時、13時~13時30分、15時~15時30分
場所 西園 動物園ステージ
内容 野間馬着ぐるみと一緒に、ノマウマに関するクイズ大会をおこないます。正解者には野間馬グッズなど賞品を差し上げます。
【3】野間馬のふるさとクイズラリー
日時 5月15日(土) 13時30分~14時30分、15時30分~16時30分
5月16日(日)11時~12時、13時30分~14時30分、15時30分~16時30分
受付場所 西園 ズーポケット前
内容 ノマウマをテーマにしたクイズラリーをおこない、参加者(各回先着100名様)には記念品を差し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です