今日は、7/6(火)~9/5(日)まで開催される誕生!中国文明展の報道内覧会のほうへ行ってきました。この展覧会は、多くの王朝が興亡した河南省から出土された中国文明のルーツから、どのように発展したかを紹介する特別展になっています。

展覧会では河南省から3000年間の歴史の流れをたどり中国の伝統的美意識がどうやって形成されたかを「誕生」をキーワードに3部構成からたどり、工芸技術や青銅器などの多彩で魅力ある展示品が楽しめます。そしてそれらの展示品のほとんどが国宝級の文化財になっている貴重な展覧会になっています。

めざましい発展を遂げ、万博など今注目を集める中国。中国のルーツを知り、我々日本人にも多くの影響を残した中国文化を紹介する、誕生!中国文明展は一見の価値ありと、思われる展覧会でした。

昔、歴史の授業に登場した、時代や出来事などの歴史上のものが自分の目で見られることの不思議さと、その歴史に自分の知っている漢字が出てくるおもしろさが印象に残りました。

誕生!中国文明展の特集はコ チラ
【会場】東京国立博物館 平成館
【会期】2010年7月6日(火)~2010年9月5日(日)
【時間】午前9時30分~午後5時00分、金曜日は午後8時(入館は閉館の30分前まで)
【観覧料】一般:1,500円、大学生:1,200円、高校生:900円
【問い合わせ】03-5777-8600

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です