福島からカワウソがやってきました

上野動物園では、東日本大震災で被災したアクアマリンふくしま(福島県いわき市)から、緊急保護として受け入れている2頭のユーラシアカワウソを一般公開することになりました。

公開するユーラシアカワウソ (1)オス個体
【名前】ドナウ
【年齢】2歳11ヶ月(2008年6月6日ドイツ ミュンヘン動物園生まれ)
【来園日】2011年3月17日(木)
(2)メス個体
【名前】チロル
【年齢】1歳11ヶ月(2009年6月4日オーストリア アルペン動物園生まれ)
【来園日】2011年3月25日(金)
公開場所 東園 カワウソ舎
公開日 平成23年5月24日(火)
※動物の体調によってはご覧いただけない場合があります
経緯等 東日本大震災で被災したアクアマリンふくしま(福島県いわき市)の飼育動物の一部を、日本動物園水族館協会に加盟する複数の園館にて緊急保護として受け入れました。上野動物園ではユーラシアカワウソ2頭を3月17日と25日に受け入れ、動物病院にて検疫を行っていました。受け入れ当初は新しい環境に置かれて緊張している様子でしたが、徐々に慣れて、職員に甘えてくるようになりました。検疫期間を終了しましたので、この度、東園カワウソ舎に2頭そろって公開することとしました。
上野動物園の飼育状況 3頭(オス1、メス2) ※今回公開する2頭を含む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です