上野の山文化ゾーンフェスティバル2011秋

毎年、台東区と上野の森の博物館や美術館などの文化施設が連携して開催する「上野の山文化ゾーンフェスティバル」が開催されます。秋は恒例の「講演会シリーズ」で、土居園長による講演会を実施します。また、東京芸術大学の学生による、動物をモチーフにした立体作品展や日本画展も開催します。
上野動物園で、芸術・文化の秋を感じてください。


講演会シリーズ
園長講演「上野に来たパンダたち~カンカン・ランランからリーリー・シンシンまで~」参加者募集!
日時 平成23年10月9日(日)
13時30分~15時
場所 西園 動物園ホール
定員 140名
演題 講演番号3(※)
「上野に来たパンダたち~カンカン・ランランからリーリー・シンシンまで~」
※講演会シリーズでは、各施設で開催する講演会に通し番号が付いています。
講師 恩賜上野動物園長 土居 利光
内容 1972年に日本に初来日したジャイアントパンダのカンカン・ランランから、今年4月に公開し、大人気のリーリー・シンシンまで、上野動物園に来た歴代パンダ11頭について、当時のエピソードを交えながらお話します。
応募方法 ①往復はがき
往信面に住所・氏名(ふりがな)・参加人数(1枚で2名まで。2名の場合はそれぞれの氏名を明記。)・電話番号・講演番号と演題を、返信面に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記までお申し込みください。
〒110-8615 台東区東上野4-5-6
台東区役所文化振興課内「上野の山文化ゾーン」係


②インターネット
台東区ホームページの「文化・観光情報」から「上野の山文化ゾーン講演会シリーズ」のページにアクセスし、専用フォームからお申し込みください。
台東区ホームページ:http://www.city.taito.lg.jp/

③携帯電話
下のQRコードからお申し込みください。

※②、③の電子申請は8月12日より受付を開始します。
※ 応募多数の場合は抽選となり、当落に係らずお知らせします。
当選者には「参加券」をお送りします。

締め切り 平成23年9月21日(水) 必着
問い合わせ 台東区文化振興課 電話 03-5246-1153
【上野の山文化ゾーンフェスティバルとは】
台東区と上野の山の文化施設などで組織する「上野の山文化ゾーン連絡協議会」が主催となり、上野の山にある文化施設などが相互に交流・連携を深めることによって、上野の山を芸術・文化の拠点として発展させることを目的にして、毎年秋に開催されています。秋の講演会シリーズは、これらの文化施設が、幅広い分野の講師陣を迎え、上野の山の多彩な魅力を知る機会として好評を博しています。

東京藝術大学学生による作品展
(1)「動物アート展」
開催期間 平成23年9月27日(火)~11月6日(日)
10時~15時
場 所 西園 ズーポケット
内容 デザイン学科と工芸学科合同で、いろいろな動物たちをモチーフにした立体作品26点(予定)を展示します。
※展示作品リスト(予定)
キリン、サイ、ゾウ、シカ、バク、アルマジロ、ヒツジ、ペンギン、カエル、カメ、ヤモリ、タコ、シーラカンス、トンボなど。
東京藝術大学学生による作品展
(2)「動物日本画展」
開催期間 平成23年11月15日(火)~11月27日(日)
10時~15時
場 所 西園 ズーポケット
内容 日本画学科の学生が、当園の動物を描いた日本画25点(予定)を展示します。
会期中に作品の入れ替えを行い、前半・後半で異なる作品を展示します。
※展示作品リスト(予定)
インドライオン、スマトラトラ、クロサイ、ニホンザル、レッサーパンダ、ハシビロコウ、ヘビクイワシ、ケープペンギン、ガラパゴスゾウガメなど。

作品展(1)・(2)とも、開催期間中、学生による解説を行います。実施日等詳細は、決まり次第ホームページに掲載します。
アドレス: http://www.tokyo-zoo.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です