皆様こんにちは。Sayukiです。

まだまだ暑い日が続きますが、負けないようにがんばります。

 

本日ご紹介いたしますお店は、こちら。

SyuRo(シュロ)さんです。

RIMG0748

場所は、浅草橋駅より徒歩8分。

鳥越二丁目の交差点を浅草橋駅側とは逆に進んですぐのところ。

RIMG0749

私もいつも前を通って気になっていました。

というわけで、早速お邪魔させていただきましょう!

RIMG0668

RIMG0669

中は、工房そのままの雰囲気を残しています。

そこに、素朴でシンプルな雰囲気の小物が綺麗に並んでいました。

RIMG0708

革あり木あり、さまざまな日用品や雑貨がいろいろあります。

RIMG0709

本日お話をうかがった、同店の横田さんによりますと・・・

シュロさんでは、オーナーさん自らが仕入れてきた商品や海外アンティークと、

シュロさんオリジナルブランドの生活雑貨・小物がメイン。

 

特にオリジナルブランドの雑貨は、

「やがてアンティークになるように」との思いを込めた、長い時間を経てなお使える物なんだとか。

 

そんなコンセプトを体現するような・・・

同時に、シュロさんでも人気の高い商品がこちらになります!

RIMG0683

RIMG0701

ぱっと見、何の変哲もない缶。

よく茶葉や乾物、おせんべいやクッキーなどを入れておくのに使いますよね。

しかし、こちらはいずれも職人さんの手による作品です。

RIMG0670

左からブリキ、銅、真鍮になります。

塗装なども一切施していない、素材そのままの姿です。

しかしだからこそ、これが時とともに味を見せるそうです。

 

RIMG0690 RIMG0706

ブリキの丸缶(¥1260)も、「bifore → after」。

RIMG0688 RIMG0705

RIMG0689 RIMG0707

銅も、真鍮も(共に¥3150)。

経年による酸化などによって、実に渋い色味や風合いを見せてくれます。

 

また逆に、素材に応じてお手入れすることで、いつまでも最初の輝きを取り戻すことも可能ですよ。

お好みに応じて使い分けるのもいい感じですよね。

 

他に、ポストカードサイズやCDジャケットサイズの缶もありますよ。(共に¥1470)

RIMG0738 RIMG0741

 

また、ちょっと凝ったものをお探しの方には、こんなのはいかがでしょうか?

RIMG0675

こちらは東京都美術館で開催されました、マウリッツハイス美術館展とのコラボレート。

オランダのデザイナー、ビエト・モンドリアン柄のデザイン缶です。

マウリッツハイス美術館展が終了後も、シュロさんでならお目にかかれますので是非!

 

もちろん缶以外にも、ちょっと他では見られないものイロイロあります。

RIMG0721 RIMG0722

オーナーさんデザインによる革小物。

RIMG0725 RIMG0726

必ず細部に手作業によるアクセントが入るのも、シュロさんオリジナルレザー小物のウリなんだそうです。

 

RIMG0677

テント生地を用いた、軽くて丈夫なKotaポーチ。

RIMG0680 RIMG0682

RIMG0681

水を弾いて防水性も高く、使えるシーンも広がりますね。

大・小・MMの3タイプです。

 

最後に、日本の伝統技法を用いた面白い商品も。

RIMG0710

こちら、職人さんによる指物(さしもの)技法で作られた小物になります。

釘を使わず、また木目のくせ同士を組み合わせて、つなぎ目などがほとんど見えない技法です。

RIMG0733

本当に継ぎ目がわからなかったです。

実際は中に重石が入っているので、見た目とのギャップに驚きました。

RIMG0735

こちらはマラカスみたいに中から音が鳴ります。

RIMG0711

こうしてみてやっと、うっすら切り口が見えました!

これも、職人さんの技なんですねぇ・・・。

 

住宅街の一角で見つけた、趣があって楽しいお店でした。

改めて、お忙しいところありがとうございました。

 

皆さんも、懐かしかったり素朴な小物を探しに、お散歩がてら如何でしょうか?

 

台東区の情報は

上野浅草ガイドネット

クーポン情報も満載です!

 

SyuRo(シュロ)

公式サイト → SyuRo

東京都台東区鳥越1-15-7

03-3861-0675

12:00~19:00

定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です