東京メトロ 「仲御徒町」 駅からすぐそば。

東上野のオフィス街の一角で、ガラス張りのショーウィンドウを見かけました。

RIMG0669

この辺り、私Sayukiもよく通るんですよね。

少し変わったデザインのビルに、なんだかお洒落な時計が並んでいる姿を、いつも横目にしています。

RIMG0672 RIMG0675

というわけで、本日ご紹介させていただくのはこちら!

RIMG0677

TOKIMA(トキマ)さんです。

本来はファッションウォッチのメーカーとして、アパレル関係などへの卸やOEM中心の会社さんです。

しかし、私のように店先の素敵な品々に惹かれた一般のお客様への販売もされているそうです。

 

それでは、中へお邪魔させていただこうと思います。

RIMG0695

RIMG0696

やはりファッションウォッチのメーカーさんということで、四方にはあらゆるデザインの腕時計がずらり。

RIMG0702 RIMG0704

トキマさんでは、特にあらゆる年代・・・それこそ10代・20代の若い女性から、落ち着いた大人の女性まで。

それぞれターゲットごとのコンセプトに沿った複数ブランドの商品があります。

RIMG0706 RIMG0694

それらはすべてトキマさんオリジナルの商品であり、他店では見られないものも多数です。

 

例えば・・・

RIMG0692

こちらの、結んだリボンをモチーフにした作品。

RIMG0693

文字盤付近が、ちょうど結び目を表しているのがわかります。

こういった可愛らしいものもあれば、

RIMG0689

こちらのように、ちょっと個性的でありつつシックなデザインもあります。

RIMG0691 

また素材も、こちらの作品はベルトに本皮を使用しているそうです。

その独特の風合いがばっちり活きていますよね。

 

また何より驚くのは、こういったオリジナルデザインの商品。

しかしこれらが見た目から受ける印象からは、信じられないほどお手頃なお値段なこと。(詳しくは後ほど!)

若い女の子でも、自分で買うことのできるような・・・。

そんなコンセプトに沿ったウリも魅力の一つです。

 

 

そういえば贈り物の季節も近づきつつあります。

トキマさんではギフトセレクションという形で、贈り物にぴったりのオリジナル商品などもご用意しています。

RIMG0697

RIMG0699 RIMG0701

また、贈る側も贈られる側にも嬉しい商品でもあります。

 

さて、そんなトキマさんで本日お話をうかがったのは、なんと3名!

同社の山下さん、堂元さん、木下さん。いずれも商品の企画などにも関わるいわば作り手さんでもあります。

特に堂元さんと山下さんは、ターゲットとなる女性と同じ目線で、作品を生み出しております。

今日は特別に、それぞれご自分がデザインされた秋冬新作のオススメなど、ご紹介させていただきます!

 

まずはこちら! デザイナーの堂本さんの作品です。

RIMG0677

2連ブレス、という名前の通り、二重のチェーンがベルトとなっています。

また、時計のフレームなどでよく使われる合金よりも硬い、真鍮が使われています。

RIMG0679

硬いことでフレームのエッジ部分がシャープになり、高級感などをかもし出してくれるのだそうです。

こちらが¥3,000(税別)という卸価格ぎりぎりのびっくりするようなお値段です。

 

そしてもう一点。

こちらは堂本さんのデビュー作とのこと。

RIMG0681

今流行の、異素材の組み合わせを用いたツイードカラーベルトです。¥2,800(税別)

RIMG0683

ベルトの真ん中にツイードを用いることで、ちょっとポップな感じもしてきます。

個人的には、文字盤がベルトと同色なのもお洒落です。

Exif_JPEG_PICTURE                                               

今年イチオシのブラックをつけて、こんな雰囲気。

黒なら色々あわせやすいのかも知れませんよね!

 

お次は、入社5ヶ月のフレッシュデザイナー木下さんのオススメ。

RIMG0669

猫が星を見る、キャットケースベルト。¥2,800(税別)

文字盤が少しサイドにずれていて、それが遠近感も感じさせてくれます。

 RIMG0670 RIMG0672

また、サイドに揺れる月も素敵です。

猫の首輪にも使われるラインストーンがワンポイントでこってますね~。

 

そしてこちらは、木下さんのデビュー作。

RIMG0673

プレス革ベルト、¥2,800(税別)。

RIMG0674

ベルトに打ち込まれた丸ドット。

またそれと調和するように、文字盤にも密かにドットが隠れています。

RIMG0675

また、角の丸いフレームも、昔のテレビのような懐かしいレトロ感をイメージしているんだそうです。

kinoshita 

オススメのホワイトを手に一枚。

やっぱり思い入れが違うみたいです。

 

さて。 ここまで、女性向け中心だったので、最後に男性向けのものもご紹介します。

RIMG0715

こちらはかつて、山下さんがデザインされたヴォヤージュという作品です。

船の計器などをモチーフにした、無骨ながら随所のギミックなども凝った一品です。

RIMG0713 RIMG0714

真鍮製のフレームもかっこいいですね!

ちなみにお値段も¥3,800~4,800前後と、驚きの価格帯。いいですねぇ~。

と、このように男性向けもありますので、是非のぞいて見てください。

 

いかがでしたでしょうか?

台東区は問屋さんや卸のお店も多く、一般の方お断りのイメージもあるかと思います。

ですがトキマさんでは、ふらっとお立ち寄りでも大歓迎!

 

さらに年に二回、7月と12月には平日三日間だけの店頭ワゴンセールも開催中です。

普段お店で並んでいるような商品が、¥500~と、そのときだけの大特価なんだとか!

また時期が近づいたとき、改めてご紹介できるといいですね。

 

それでは、本日はそろそろ筆を置きたいと思います。

最後に、山下さん、堂元さん、木下さん。

お忙しいところ本当にありがとうございました!

 

 

アメ横ショッピング

上の散策はガイドネットで調べてみてね!

 

 

TOKIMA(トキマ)

公式サイト → 株式会社トキマ

東京都台東区東上野1丁目11番7号

03-5807-3131

10:00~17:00

定休日:土日祝日


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です