~9月のテーマ~
在来家畜を知ろう!リレートーク

9月のテーマは「伝える」です。西園子ども動物園では日本在来家畜の保存の取組を進めています。子ども動物園で飼育している在来家畜をめぐりながら、飼育係がリレー形式でお話しする企画を開催します。ぜひご参加ください。


日時 平成24年9月29日(土)
13時~14時30分※雨天中止
集合場所 西園子ども動物園 まがりや前
参加方法 参加ご希望の方は開始時間までに集合場所へお越し下さい。
リレーの順番 ウマ→ウシ→ヤギ→ニワトリ→ブタ 各10分程度のおはなしです。

■日本在来家畜とは
日本の気候風土や日本での利用目的に合うようにと生み出された家畜・家禽の品種を日本在来家畜といいます。各地に固有の在来種が存在していましたが、農業の近代化にともなう品種改良や機械の発達により、現在ではその数がわずかとなってしまっています。上野動物園では、もともと家畜を飼育していた子ども動物園に在来種を導入し、その存在意義を知らせるとともに、保存への取組を進めてきました。現在、子ども動物園内では、ヤギ(トカラヤギ)、牛(見島牛、口之島牛)、馬(木曽馬、野間馬、トカラ馬、与那国馬)、ブタ(アグー)、ニワトリ(ウズラチャボ、東京シャモ、東天紅など)を飼育しています。

第29回全国都市緑化フェアTOKYO関連イベントを開催します

9月29日(土)から10月28日(日)まで第29回全国都市緑化フェアTOKYOが開催されます。緑化フェアのサテライト会場として、様々な関連イベントを開催します。ぜひご参加ください。

(1)動物トピアリーの展示
緑の大切さを来園者に伝えるために、園内8か所に動物の形に整えたトピアリー
(植物を刈り込み、動物等の形に仕上げたもの)を飾ります。

期間 平成24年9月29日(土)~10月28日(日)
場所 パンダ、ゴリラ、トリ、シカ、フクロウ : 東園各動物舎前
ウサギ、ペンギン、カメ : 西園各動物舎前
※動物の形は変わることがあります。

(2)緑化フェアTOKYO上野動物園企画&130周年月間企画10月「守る」連動企画
動物トピアリーで宝探し~地球に生きる大切な仲間を知ろう!

上野動物園130周年10月の月間テーマは「守る」です。
緑を守ることの大切さと地球に暮らすいきものを守ることの大切さをあわせて伝えるため、ラリーイベントを開催します。

日時 平成24年9月29日(土)~10月28日(日)の土曜日、日曜日
並びに祝日 13時~15時 ※雨天中止
受付・ゴール 東園総合案内所前テント
参加人数 各日先着300名 ※ラリー用紙がなくなり次第終了となります
参加方法 受付でラリー用紙を受け取り、東園内の動物トピアリー5か所をめぐって、ヒミツの文字を集めます。集めた文字はある言葉になります。この言葉をラリー用紙に書いてゴールにお越しください。正解した方に記念品を差し上げます。

(3)乾草によるゾウのモニュメントの公開制作
東京藝術大学の協力により、飼育している4頭のアジアゾウが1日に食べる量にあたる乾草を使用して、ゾウのモニュメントを公開制作し、制作完了から平成24年10月28日(日)まで表門広場に展示します。

制作・展示場所 表門広場
制作 東京藝術大学美術学部

(4)樹木・環境ネットワークとの共同イベント「緑のパンダを作ろう!」
NPO法人樹木・環境ネットワーク協会との共催により、植栽枡にポット苗や苔を埋め込み、緑のパンダを作るイベントを開催します。制作した緑のパンダは、制作完了から平成24年10月28日(日)までパンダ舎付近に展示します。

制作日時 平成24年9月30日(日) 13時~15時
場所 西園動物園ステージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です