秋になったかと思うと、またまた暑いくらいなお天気になったりですね。

しかし、季節は秋! そう、芸術の秋ですよ~。

本日は・・・

明日10月6日(日)から東京都美術館で開催される

メトロポリタン美術館展に行ってきました。

メット(Met)の愛称で親しまれているメトロポリタン美術館は、

ニューヨークのセントラルパークにある世界最大級に美術館です。

200万点を越える所蔵品で、世界各地の様々な時代や文化を観ることができます。


今回の展覧会では、絵画54点、彫刻・工芸66点、写真13点が展示されています。

どの作品も見応えありますよ~~。


レンブラントの《フローラ》

ちょっと寂しそうなところの奥にあるストーリーが気になります。


この角を過ぎた先には、

ゴーガン、ルノワール、セザンヌ、モネ・・・


落ち穂拾いで有名なミレーの《麦穂の山:秋》

その先(写真には写っていません)には、ゴッホの作品も並んでいます。

ゴッホにはめずらしく可愛らしい作品です。(ピーターラビット風)



彫刻・工芸もまたまた見応えあります。

馬の取っ手(?)や、羊の杯、ちょっと変わった水差しなど

観ていると楽しくなる作品が多かったです。


マイセンやティファニーコレクションもありますよ~。



そして、待望の《糸杉》が登場。


ゴッホの《糸杉》は、言葉にならない迫力でした。

糸杉はエジプトのオベリスクのように美しい 弟テオへの手紙に書かれた言葉です。

じっくりと自分の感性で鑑賞したあとは・・・、

音声ガイドを借りた方は、88番を入力してくださいね。

坂本龍一さんがこの作品のために制作した曲が流れます。

ちょっとリズミカルな曲で、また違った糸杉の印象が楽しめます。


その先もまだまだ傑作の作品が続きますよ~。

2時間くらいの余裕は持った方がいいと思います。


ツタンカーメン展もかなりの大人気ではありますが、

こちらの展覧会もかなりの大人気になると思われます。

ジャックの混雑状況レポートでのチェックもお忘れなくです。


メトロポリタン美術館展の詳細は、こちらの特集ページをご覧ください。

オリジナルグッズのプレゼントもあります。10月15日までご応募受付中!


密かに人気のオマケコーナー

ショップ風景です。


今回のビス子ヒットは、この白くまさん。

フランソワ・ポンポンの大理石で出来た《シロクマ》。

美術館入口にあるミュージアムショップには、シロクマさんの飴細工がありましたよ~。


美術鑑賞のあとは、少し足を延ばして、浅草の夜を楽しむのはいかがですか?

浅草夜のグルメ特集!居酒屋 河豚 地鶏など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です