風がとても冷たいです。

上野公園では、ところどころに残った踏み固められた雪(氷)の上で、

修学旅行生が楽しそうにスケートしていました。


明日から開催される「エル・グレコ展」の内覧会に行ってきました。

東京都美術館(上野公園内)で、

2013年1月19日(土)~ 4月7日(日)まで開催されます。


エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプーロス)は、16世紀から17世紀にかけてのスペイン美術の黄金時代に活躍し、ベラスケス、ゴヤとともにスペイン三大画家の一人に数えられます。

エル・グレコとは、ギリシャ人の愛称です。


一歩踏み入れた先には

真紅に飾られた数々の肖像画に囲まれた空間が広がっています。

すぐに目に飛び込んできた、黒い瞳の美しい女性。

女性の肖像画は、2点しか確認されていないそうです。


印象深い宗教画もたくさん並んでいます。

右側の《フェリペ2世の栄光》は、一番心に残った作品です。


鮮やかさと暗さが入り混じり、繊細さと大胆さも入り混じった、

不思議で魅力的な作品の数々。


祭壇画のコーナー。

人物が少しいびつに描かれた祭壇画ですが、

これは下から見上げたときに美しく迫力あるように見せるためです。

今でいうトリックアートですね。

ちょっとしゃがんで、下から見上げてみてくださいね。


そして、今回一番の話題作!《無原罪のお宿り》


見上げてみました!

この迫力が少しでもお届けできればいいのですが・・・。


エル・グレコ作品は、心がシーーンと穏やかになるような感じです。

落ち着いた気持ちになりたい方は必見でございます。(笑)


続いては、ショップコーナー!

定番アイテムのファイル、マグネット、メモ帳、ポストカードなどなど。


Tシャツ、手提げ、お菓子などもありました。


エル・グレコ展の詳細はこちらをご覧ください

招待券プレゼントのご応募は、2013年2月11日(月祝)まで。

みなさまのご応募お待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です