炎天下でお出かけされるときは、熱中症に気をつけてくださいね。

上野公園は日陰が無いとこもありますので、帽子や日傘をお忘れなくです。

本日は「ルーヴル美術館展」に行ってきました。

東京都美術館(東京・上野公園)で、

2013年7月20日(土)~ 9月23日(月祝)まで開催されます。


地中海四千年のものがたりに触れることが出来るこの展覧会は、

この夏の超話題になりそうです~!

まずは、大きな地図で地中海の位置関係を確認!(^^;)


淡い水色で水に漂っているような展示風景が素敵です。


壺や水差し、食器、飾り像、装飾品、化粧小物などから

像、彫刻、壁画など様々ものが展示され、

地中海を巡っての歴史に触れることができます。

テキスト説明を読みながら見れることをオススメします。時間かかります‥。


ローマ、ギリシャ、十字軍、皇帝、クレオパトラ、オスマン帝国などの

キーワードに惹かれる方は必見の展覧会と思います。

歴代の皇帝像もありますよ~。

とっても大きな顔が・・・。壁の装飾だったそうです。


絵画もたくさんありました。

コロッセオやサン・ピエトロ大聖堂が描かれてる絵があるのですが、

現代と異なるその周りの風景が古代をフツフツと想像させてくれます。


かの有名なクレオパトラにも会えますよ~。

クレオパトラの謎にも少し触れてみてくださいね。


200点を超えるという展示数は、かなりのボリュームがあります。

見応え・読み応えのある展覧会ですので、

2時間くらいは余裕持っておでかけくださいね。

読むの苦手な方は、音声ガイドオススメしまーす。


ルーヴル美術館展の詳細はこちらをご覧ください

招待券プレゼントのご応募は、2013年7月30日(火)まで

みなさまのご応募お待ちしております。


特設ショップでは、定番のアイテムから装飾品・置き物などありました。

青色がキレイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です