こんにちはSayukiです。

1月が末になっても、ジワリと染み込むような寒さもまだまだ続いているようですが、自分は変わらず探検隊を送りします。

(今回は特に今日は胃腸にはよくなさそうな内容になってしまいました)


今回のお店はこちら。

RIMG0120

昭和通上野~入谷方向沿い、バイク屋さんのあるところをまがってすぐ目の前に見えます。

晴々飯店 (セイセイハンテン)さんです。

見た目はこじんまりとはしてますが、ボリュームある本格四川料理をリーズナブルに食べられるお店です。


RIMG0124

ランチはもちろん、夜も食べ飲み放題のお得コースなどもあるとのこと。

また、四川料理ということもあって一般的なイメージ通りの「辛い」メニューが密かに知られているみたいです。

(実際は辛い四川料理は一部だそうですが、イメージ的に辛そうというのは確かにあります)


 RIMG0113

12時半くらいに入店したのですが、4~5台のテーブル席が埋まっていて、相席でした。

ちなみに二階席もあります。

RIMG0109

麻婆豆腐には普通・大辛・激辛がありました。

激辛…この言葉に多少なりとも惹かれる人間の端くれとして、挑戦せざるを得ませんね・・・。


というわけで注文から5分程度で出てきたのがこちら↓

RIMG0116 

麻婆豆腐定食 激辛 ¥700。

写真で見てもそうですけれど、そこまで飛びぬけて赤いとかいう「辛そうな」見た目ではないですねー・・・

・・・あくまで見た目は。


メイン以外はスープ、サラダ、ザーサイ、杏仁豆腐付き。

特にザーサイは一般的なものより少し辛目ではあるもののザーサイ特有の癖がない印象。

食べやすいです。


RIMG0119

そして問題の麻婆豆腐ですが、美味しい、確かに美味しいのですが・・・

少し甘く見てました。激辛という冠を。


これは一般的なお店で出される中では、相当辛い方のメニューだと思います。

しかも辛さは多分中国山椒の辛さなので(上写真のマーボーにかかっている粉末がおそらくすべてそうです)

これがまたビリビリッと来ます。


舌どころか胃の中まで痺れる辛さとはまさにこのことですね!

正直自分のような自称辛いもの好き程度には、ご飯をおかわりできなければ完食も危ぶまれるレベルでした。

それでもご飯を中にinして混ぜて食べると辛さもだいぶ誤魔化せますし、味自体はご飯によく合って

口の中が「美味しい」←→「辛い」の往復運動で汗がだらだら出てきました。


辛い物好きの猛者の方には是非お勧めしたいですね。

私は今度お店に行ったときは、辛さのランクは下げてまた頂きたいものです。


Sayukiでした。



晴々飯店 (セイセイハンテン)

03-3842-8920

東京都台東区上野7-8-16

11:00~15:00 / 17:00~23:30

日曜日定休

全面喫煙可


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です