まだまだ寒さが残るお天気の中、

明日2014年3月15日(土)から国立科学博物館(上野)で開催される

特別展「医は仁術」のプレス内覧会に行ってきました!

医療関係の方、めざす方は必見!


会場に入るとすぐ、

大沢たかおさんがナビゲーターのタイムスリップシアターがあります。

TVドラマ「仁」の主題歌が流れ、いきなり盛り上がりますよ~(^◇^)


会場内には、膨大な医療に関する資料がところ狭しと並べられていました。

たくさんの書物や資料、模型。

江戸を生きた医師達が、病に苦しむ人々を救いたいと

必死に努力されてきた様子がひしひしと伝わってきました。


解剖資料などは、ちょっとビックリするものが多いので、

お子様とお出かけの方は、十分に配慮されながらの観覧してくださいね。


こちら飛び出す絵本タイプの人体解剖図です。 スバラシイ!!!

人体図がめくれるようになっていて、たぶんその下は、筋肉・骨などになると思われます。

(児童書の飛び出す絵本も元はこれだったとしたら・・・。)



また、様々な医療用具・器具もあります。

時代劇のお医者さんが持ってるような薬箱も種類豊富です。


こちらは薬屋さんの看板!

(鬼にボール投げて倒したくなってもダメです)


数々の人体解剖模型もありますよ~。かなりたくさんあります。

こちらは、解体人形。


胎児模型。産婆さん教育のために作られたそうです。お産人形もありました。


医療器具もすごいですよ~。

よくこんなに保存されていたんだと思われるくらいの展示物が並んでいました。

かなり見応えのある特別展です。

医療に関係ない方も、一人の人間として江戸の医師の努力を見ていただきたいです。


医学生必見!(笑)かなりバッチリ!!


3Dプリンターで作られた、心臓・肺・脳が!!!

触れるコーナーもありますので、是非タッチしてみてくださいね。


こちらの顕微鏡をのぞくと~~、なんと!ヒトiPS細胞の実物が見れます!!

実際に触って動かせる内視鏡もありますので、触ってみましょ~う。


最後にある 鉄拳さんの「パラパラ漫画シアター」は、

涙無しでは見られません。ハンカチのご準備をしてご鑑賞くださいませ。


特設ショップには・・・

いろいろな人体模型あります(笑)


展覧会詳細及び招待券プレゼントは、明日アップいたしますので、

お楽しみにお待ちくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です