平成26年8月16日(土)

吾妻橋~言問橋 隅田川沿い遊歩道コース
灯篭流し 隅田川 吾妻橋親水テラス沿い にて

 

浅草夏の夜まつり とうろう流し
いろいろな「いのり」を込めて

 

が開催されます!

 

touroub

「流灯会」は昭和二十一年の復興祭のとき、浅草に参集した縁者が、手に手に燈籠を持ち高張り提灯を先頭に行列し隅田公園の河岸へ至り、一つ一つ隅田川に流していたもので、その数は毎年三千個近くにも達し年々盛んな浅草行事となっておりました。

史誌によれば、折からの満月に近い月の光に照らされて美しく、河畔にたたずむ人々の見守る内に物故者の冥福を祈り、安心を願う祈りの声と共に川面をただよい流れていった。ときには花火が打ち上げられ、消防実演や消防庁の吹奏演奏も行なわれ、両岸には数十万の観衆も集まり、なかにはアメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ等多数の外国人観光客も拝観しており、国際的なニュース報道もされるなど盛況であったと記されており、「流灯会」は夏の重要な名物行事であることがしのばれます。

昭和四十一年の春、高潮防止のため両岸に防潮堤の整備が行われ、この流灯会も昭和四十年を最後に、このような行事としての燈籠流しの風情はなくなってしまったのでありますが、平成十七年に隅田川親水テラスの連続化及びスロープ整備もととのい、さらに国際的に東京を魅力ある都市空間として再生することを目的とし、水辺空間における浅草の観光、景観や回遊性などの特徴をいかし、憩いと賑わいの場づくりを率先して創造し、隅田川との魅力あるふれあいを高める意味からも「流灯会」が開催されました。

 

浅草でおもいっきり遊んじゃお~!

浅草でおもいっきり遊んじゃお~!

花やしきに落語や人力車、浅草のおもしろ処をご案内!

 

 

浅草夏の夜まつり とうろう流し
いろいろな「いのり」を込めて

祖先の供養の他ペットの供養、復興への祈りなどを浴衣姿で。それぞれの思いを込めた灯籠をテラスに特設したスロープからご自身で流していただき、夏の風情を存分にお楽しみいただきたいと考えご案内致します。

日時:

平成26年8月16日(土) 雨天決行
式典・ 流し初め 18:30
灯篭流し 18:45~20時頃

場所:

吾妻橋~言問橋 隅田川沿い遊歩道コース
灯篭流し 隅田川 吾妻橋親水テラス沿い
(潮の流れは東武鉄橋方向です)
[会場案内図]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です