年末に向けてなにかと忙しくなってくる時期になりましたね。

朝晩の寒さにコートを着るようになりました。

東京国立博物館の先にある「国際子ども図書館」、ご存知ですか?

今日は、お子様と楽しめる「国際子ども図書館」をご案内します。


明治39年に帝国図書館として建てられ、東京都の「歴史的建造物」に指定されています。

平成14年に、建築家安藤忠雄氏とのコラボにより児童書の専門図書館として改修されました。

ルネサンス様式と歴史情緒と現代が融合した不思議な空間です。



国際子ども図書館は、国内外の児童書が多数取り揃えられています。

子ども向けの部屋や、大人向けの資料室もあります。

本の貸し出しは出来ませんが、くつろげるスペースで、ゆっくりと読書を楽しむことが出来ます。

カフェテリアでは、ランチ・軽食もありますよ。

土日には、4歳以上の子どもを対象に「子どものためのおはなし会」をひらいています。

定期的に、本の読み聞かせもありますが、申込がすぐ満員になるほど好評です。

見学ツアーもありますので、建物観察もおすすめです。

入場は無料です。


「日本の子どもの文学  ─  国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」では、

国際子ども図書館が所蔵する本、絵本や雑誌の中から、明治から現代に至るまでの時代をいろどった代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介されます。

展示期間:2014年12月2日(火)~ 2015年10月31日

こちらより、パンフレットのPDFファイルがダウンロードできます。

お子様と本のふれあいを楽しめるスペースとして、

身近にご利用されてみてはいかがでしょうか。(≧∀≦)


国際子ども図書館のサイトはこちら

住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園12-49

JR上野駅公園口より徒歩10分です。

休館日:月曜日(資料室は日曜日)

開館時間:9:30~17:00







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です