こんにちはSayukiです。

今日から9月に入りました。学生さん以外は暦での変化に過ぎませんが、いかがお過ごしでしょうか。


最近は少し天気の良くない日が続いていますが、だいぶ過ごしやすくなってきた今日この頃。

今回はオープンしてからちょうど丸一年くらいのお店なのですが、私個人は最近通りがかりで気づいたお店を紹介します。

RIMG0018

麺屋まぜはるさんです。

まぜそば・台湾まぜそばの専門店で、浅草橋近隣では密かに名の知れたお店らしいです。

ちなみにまぜそば≒油そばということらしいです。

RIMG0003

店外に券売機があり、あまり大きなお店ではないので席が空いてない場合は外で待つ感じです。

ちなみにこの時は、自分の時はちょうど最後の一席が運よく空いていました。

RIMG0004

カウンターと壁側に一人席が10席程度ですが、満席でした。

なかなかの混雑ぶりです。

ただ、一注文ずつ丁寧に作っているらしく結構待つので、そのあたりは少し時間に余裕を持って来たいですね。


というわけで15分くらい待ったでしょうか、今回はこちら。

RIMG0009

台湾まぜそば800円+大盛り100円です。盛り付けもきれいですね。

なお、注文時にニンニクの量調整ができます。(写真は普通です。)

RIMG0005

個人的にはまぜそば・油そばはあまり馴染みがないので、とりあえずこちらの「美味しい食べ方」に沿って

みました。

RIMG0012

まず具が均一になるくらいまで混ぜます。

麺はうどんの様な太さやコシの麺。雰囲気としても焼目がつかない程度に加熱した焼うどんに近いです。

台湾まぜそばの方は、挽肉がピリ辛の味付けで、それがなかなか後を引きます。

また、その他の具材も歯ごたえがそれぞれ異なり食感も面白いです。

RIMG0006 

そして、少し味の変化を楽しみたければ、テーブル調味料の酢をワンプッシュ~2プッシュ、そしてもう一度混ぜます。

これだけでかなり味が変わります。

辛さがマイルドになり、またちょっと辛さやニンニクの風味が全体的になじんだように感じます。


一番誰にでもおススメできそうな風味になったとも思いますが、逆にさらに辛さを求める場合は、自家製ラー油を一匙~二匙足しても良いでしょう。


そうやって麺を十分堪能した後に、

RIMG0014

麺が先になくなり、結構たれ?が余りました。

ここで、無料の追い飯を頼むこともできます。

RIMG0015

これを混ぜて↓

RIMG0017

いい具合に混ぜご飯になりました。


味・ボリューム・遊び心と三拍子そろったお店です。



麺屋まぜはる

03-3851-3851

東京都台東区浅草橋4-4-5

11:00~14:30
18:00~21:30
※日曜午後は休み

不定休

完全禁煙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です