今日も、夏ーーー!な日差しです。

が、社内はまだ空調を付けておりません。

窓を開けて扇風機で暑さをしのいでいます。

さて、7月からは夏休み向けの展覧会も多くなります。

親子でおすすめの2展をご案内します。


深海 2017 ~最深研究でせまる“生命”と“地球”~

2017年7月11日(火)~ 2017年10月1日(日)

国立科学博物館(東京・上野公園)

あのダイオウイカから4年!

今度はどんな深海生物と出会えるのか!

ドキドキワクワク夢いっぱいの深海シリーズです。

発光生物やデメニギスも登場します。

深海のあらゆる謎にぐーーーんと触れてきてください。

夏休みの課題研究にもバッチリ!ぜひご家族でどうぞ。

★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから



もうひとつおすすめはこちら。


親と子のギャラリー びょうぶとあそぶ

2017年7月4日(火)~ 2017年9月3日(日)

東京国立博物館 本館(東京・上野公園)

屏風を見たり触れる機会はなかなか少ないものです。

長谷川等伯の国宝「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」と尾形光琳の「群鶴図屏風(ぐんかくずびょうぶ)」の屏風を映像プロジェクションと組み合わせた体験型インスタレーション。

屏風絵の世界を体感できる新しい展示を行われます。

屏風のミニチュアで仕組みを学んだり、自分で屏風を作れるワークシートの配布も。

こちらもご家族でおすすめです。

★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから


今から楽しい夏休みのご計画にいかがでしょうか。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です