9月に入り一気に秋が来た!と思っていたら…。

台風が過ぎた昨日は、9月も中旬というのに真夏の日差し。

一日一日で激しく変わる気温の変化に、身体もなかなかついていけません。

みなさまも体調を崩さないようにお気を付けください。


今回はひと味違った展覧会をご案内します。


北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

2017年10月21日(土)~ 2018年1月28日(日)

国立西洋美術館(東京 上野公園)


西洋の作品と北斎の作品がついになって共演するという世界初の展覧会です。

19世紀後半、日本の美術は西洋の人々を魅了し、”ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでも注目された存在が、天才浮世絵師・葛飾北斎。その影響は、印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、また絵画だけでなく彫刻や装飾工芸などあらゆる分野に及びました。
北斎は、西洋美術の近代の扉を開ける原動力となったのです。

北斎が、モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをはじめ西洋芸術にどんな影響を及ぼしたのかが、わかりやすく展示されます。

なるほど!そーなんだ!ここも!など、発見をしながら堪能できる展覧会になりそうですね。

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です