上野はシャンシャン人気で、どこを向いてもパンダで賑わっていますね。

過去3回上野公園に行ったことがありますが、なぜか毎回パンダに合えないでいるバタコです。
シャンシャンがもう少し大きくなって常時見られるようになったら、今度こそパンダに会いに行きたいです。


今日は新春イチオシの展覧会のご案内です。

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜
2018年1月23日(火)~ 2018年4月1日(日)
東京都美術館(東京・上野公園)


ブリューゲルといえば、16~17世紀のヨーロッパでもっとも影響力のあった画家一族です。
ピーテル・ブリューゲル1世から始まり、2世、ヤン・ブリューゲル1世へと数世代にわたって続きます。

昨年には同じ東京都美術館に、ブリューゲルの最高傑作と称される「バベルの塔」が来日しましたね。

今回はブリューゲル一族の画家9人の宗教画、風景画、寓意画、静物画などおよそ100点が展示されますが、その多くが通常では観られないプライベート・コレクションに収められている作品です。

出展される作品のほとんどが日本初公開という貴重な展覧会ですので、お見逃しなく!

また、細部にわたる細密な描写も必見で、オペラグラスをお持ちの方はぜひ持参してじっくりご観覧ください。

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です