シャンシャンも先着順ですが一般公開され、これからますますパンダブームに拍車がかかりそうな上野ですが、パンダの熱気に負けじとド迫力の展覧会、宮廷画家のベラスケスがやってきます。


プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
2018年2月24日(土)~ 2018年5月27日(日)
国立西洋美術館(東京 上野公園)


マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂です。

本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケスの作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点(うち9点は資料)が展示されます。

17世紀のスペイン、国王フェリペ4世の庇護を受け、宮廷画家として大成したディエゴ・ベラスケス。
西洋美術史上最も傑出した画家のひとりであり、マネやピカソなど後世の芸術家たちにも大きな影響を与えた画家です。

プラド美術館では、彼が残した作品の半数近くを所蔵していますが、国民的画家としての重要性から、まとまった数で貸し出される機会は極めて限られています。本展には重要作ばかり7点が出品されますが、これは日本で開催される展覧会では過去最多の作品数です。
「ベラスケス展」と言っても過言ではない画期的な展覧会となりそうです。

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です