先週金曜日、久々にプレス内覧会に行ってたバタコです。

今月14日より東京都美術館で開催されている「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」の内覧会の様子をご案内します。

入口は、壁一面の日本初来日のモネの名画《草原の昼食》がお出迎えです。すでに感動!


開催ご挨拶の時もかなりの報道陣がつめかけており、盛大な展覧会となりそうです。



最初の作品は、クロード・ロランの《エウロペの掠奪》。

そして、ユベール・ロベールなど、広大な背景に細密な描写の絵画が並びます。

この細密さは、単眼鏡やオペラグラスで観られるのもおススメです。お持ちの方は是非。



細密さに堪能した後は、今回イチオシの一つでもある

ルノワールの《庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰》。

優しさ、穏やかさ、幸せが溢れ出ているような作品です。



そして、、、この左正面に待ち構えてる作品が凄すぎる!


ルイジ・ロワール《パリ環状鉄道の煙(パリ郊外)》

172×296cmの大作です。

環状鉄道の汽車の煙が画面中央に横に流れるように描かれ、なんとも言えない驚きで目を奪われました。

パリの寒さ、路面の状態、右下の小屋の窓から見える明るい空の描写など、自分もパリにいるかのように魅了されます。

初め聞く画家名でしたが、個人的にはイチオシです。



そしてこの先には、今回大注目の作品、

初来日の クロード・モネ 《 草上の昼食 》が登場です。

モネ作品は、本当に色が綺麗です。



アルフレッド・シスレー、カミーユ・ピサロ、ポール・セザンヌ、

マティス、ピカソ、ドラン、ゴーガン、ルソー

名だたる名作が行きつく間もないほど続いていきますよ~


またまた個人的にお気に入り作品、まるでアルムの山小屋のよう・・・


フランスの風景が65点とかなり見応えのある展覧会です。

たくさんの風景に囲まれ自分もパリを歩いているかのような気持ちでご堪能ください。

1時間半ぐらいはかかりそうです。


5月6日まで招待券プレゼント申込み受付中です。後半に行かれる方、チャンスあり!

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です