この時期は気候もよく、上野公園の散歩は新緑に包まれ身体中が癒されます。

先日東京国立博物館の中、正面入口から入って左側のほうを散策したバタコです。

何本もの枝のある大きな大きな大木を下から見上げながら深呼吸をすると、スーーーッと身体中がリフレッシュできました。。

いつもは展覧会を見たらすぐ帰っていたので、こんな場所があるとは知らず・・・。右奥には庭園もあるので次回行ってみたいです。


6~7月にかけてまた新しい展覧会が開催されます。

待望の藤田嗣治展もありますので楽しみですね。

本日は6月初旬から開催される奇妙な展覧会をご案内。


ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

2018年6月6日(水)~ 2018年7月29日(日)

上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)


首をかしげながらあれあれ?っと見つめてしまう不思議な絵。

一度は見たことがある方が多いと思います。

登っているのに下っている、下から水が流れてくる、階段の裏にも人がいる。

三次元ではありえない不思議で奇妙な謎解きのような絵。

そんな「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の彫刻家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-の展覧会です。


世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点が日本初公開されます。

まだ見たことのない新たなエッシャーの作品に出合えるチャンスです。

幅約4mにおよぶ超大作「メタモルフォーゼⅡ」、文字が変容しながら循環し元に戻るというエッシャー芸術の極点の作品は必見です。

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です