梅雨のように雨が続いたり、暑さ復活したり、突然豪雨など、めまぐるしい天候の日々が続いていますが、季節は初秋。芸術をたっぷりと堪能していただきたいと思います。

今日は、ルーベンス展のご案内です。

ルーベンスと言えば、日本人のほとんど人が連想するのは「ネロ」「フランダースの犬」。

その日本人に親しまれているルーベンスが上野にやってきます。


ルーベンス展―バロックの誕生

2017年10月16日(火)~ 2019年1月20日(日)
国立西洋美術館(東京 上野公園)


ペーテル・パウル・ルーベンスのは、バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、後に「王の画家にして画家の王」と呼ばれたほどのとても有名な画家です。


優しさに包まれた愛らしい子供の肖像画から、圧倒的な迫力のある歴史画などまで、数多くの作品を残しています。

今回は特にイタリアとのかかわりに焦点を当てた作品が並びます。

貴方のお気に入りの作品を見つけに、是非お出かけください。


★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様にチケットプレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です