2019年初回のバタコです。


2019年あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いもうしあげます


お正月気分も抜けてやっと通常モードに戻ったと思った途端に三連休!の方も多いのでは。

成人の日、晴れるといいですね。


2019年最初の展覧会ご案内は、ル・コルビュジエ展です。

ル・コルビュジエといえば・・・

国立西洋美術館はル・コルビュジエの建築作品であり、2016年に7月に世界文化遺産に登録され大きなニュースになりました。

渦巻き型の造りになっており、増築がしやすくなっていると聞いたことがあります。


また、一般的には、パイプの枠組みに四角いクッションが組み込まれたようなデザインのソファーはとっても有名ですね。


そんなル・コルビュジエってどんな人だったの? 他にはどんな作品があるの?

ル・コルビュジエの原点、世界観、美術作品に建築模型、出版物、映像など多数の資料を観ることが出来る展覧会が開催されますよ~。


国立西洋美術館開館60周年記念

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

2019年2月19日(火)~ 2019年5月19日(日)

国立西洋美術館(東京 上野公園)


ル・コルビュジエが手掛けた建築物の中で、ル・コルビュジエの作品を体感する。

ル・コルビュジエ一色に包み込まれそう。

建築関係の方もそうでない方も、物のつくりの新発見が出来るかもしれませんよ~

絵画のみの展覧会とはまた違ったおもしろい鑑賞が出来る展覧会と思われます。

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様にチケットプレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です