「流しびな」は子供の無病息災を祈って、
人の形をした人形に厄災を託して川や海に流して祓い清めるという行事です。

先月、「江戸流しびな」参加者募集の記事を新聞で見つけました。
浅草で流しびなのイベントを毎年行っていたことを、その時初めて知りました。
もちろん、その場ではがきを書いて応募!

めでたく当選♪というわけで、
昨日(3/2)「江戸流しびな」を体験してきました!

まず会場につくと、流しびなのパックを受け取ります。
流しびなパック

短冊に願いごとを書いて、お内裏さまとお雛さまを立ち上げると完成です。
完成流しびな

会場は隅田公園の吾妻橋、水上バス乗り場の近くの親水テラスで行われました。
会場

開始は12時ちょうどから、
少し早めに行きましたが、既にたくさん人が並んでいました。
浅草名物!振り袖さんの撮影会やら、区長さんや今回の会の主催者の挨拶のあと
みんなでカウントダウン!

10・9・8・7・6・5・4・3・2・1・・・

スタート!と同時に鳥の形の風船が空に放たれました。
スタート

屋形船には、地元の幼稚園の園児さんたちが乗り込んでいます。
船

ひとり、ひとり、流していきます。
園児

一般の人たちは、テラスから滑り台を使って流します。
私の流しびなは・・・・・着水と同時に転覆しちゃいました。(涙)
滑り台

この大量の流しびな、最後はどうなるのかな?と思ったら
下流で、ちゃんと回収作業を行っていましたよ。
最後
お疲れさまです。

地元の人はもちろん、観光で訪れた外国の人、浅草に遊びに来た人・・・などなど
本当にたくさんの人が参加していて、みなそれぞれに楽しんでいる姿が印象的でした。

今回23回目だそうですが、
すっかり浅草の名物行事として定着しているようですね。

毎年、3月3日の直前の日曜日に開催しているそうです。
今回、抽選で当たった私の場合は、無料で流しびなの配布があったうえに、
ひなあられなどのお土産がついていました。
当日参加の場合は、800円で流しびなを購入できます。

来年も、参加したいな。

***散歩DATA***
江戸流しびな
開催日:毎年3月3日直前の日曜日(小雨・小雪は決行)
場所:浅草・吾妻橋 親水テラス
問い合わせ:江戸流し雛振興会 TEL.03-3847-2200
***********

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です