先日も、また、寄り合いがありました。ジモジーは結構寄り合いが多いのです。

会場は水月ホテル鴎外荘でした。

さて、この水月ホテル鴎外荘さんの敷地の中にも、上野が誇れる文化財があります。お名前からお察しの通り、文豪の森鴎外が、その文壇処女作「舞姫」を執筆したお部屋がそのまま保存されています。一見の価値ありますよ。
ohgai_p1.jpg
とっても趣のある建物とお庭ですから上野に遊びにいらっしゃったときは不忍池まで足を延ばしてご覧になってはいかがですか?

お庭や外観は無料でご覧になれます。但し、室内は今でも会食ご宴会で現役で使用されていますので、入ることはできません。

でも当時そのままの室内は雰囲気も趣があり素晴らしいですから、何かの機会にご会食等でご利用なさってはいかがですか。

お料理もとっても美味しいですし(私好みの味付けで、私は好きです)、心のこもったおもてなしをしてくれます。一見の価値あるとおもいますよ。

台東区の循環バスのめぐりんの停車場が目の前ですからとっても便利ですよ。
上手に利用なされば台東区内の名所やお寺、穴場スポットは、ほとんど、このバスで行けますから、一日乗り放題の300円の一日乗車券をお奨めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です