本日は1月7日。という事で、七草粥を食べましょう!

無病を祈って食べるこの習慣。私数十年(いや短い人生です。きっと!そうきっとデス)生きてきた中で、まともに七草粥って食べたことが無いような気がしますが、そんな今日、7日の日に「アイサツしちゃおう」掲示板でもスタッフAさんがご紹介したように「大根まつり」にでかけて参りました!(´ー`)

まず、この「大根まつり」が行われるのは、記事タイトルにもなっている「待乳山聖天」という場所です。こちらは「浅草名所七福神」にも入っており、読み方は「まつちやましょうでん」と読むそうです。「毘沙門天」をお祀りされているそうです。

そしてそして「大根まつり」は…正月三が日に奉納された「大根」を供養し、参拝者に振舞う、という行事ということです。

と、とにかく、大根まつり行ってみよう!

91-7r0013099.jpg

こちらが、大根まつりの会場となる「待乳山聖天」になります。

このあたりだけ、人が沢山。皆さん、この大根まつりが目当ての様子で、どんどんと引き込まれていきます。正直、そんなに大きな行事でもないと思っていたのでビックリ。

91-7r0013101.jpg

階段をあがると、お酒などが販売されていました。

91-7r0013102.jpg

本堂の方を見ると、ご覧ください!この長蛇の列…。一体何が…。何があるというんだ!
と-タダタダ- ボー然と人の列を見ていると、横に居た係員のオジサンが一言、

「お参りされる方は、列にならばず横からお入りくださいー」

っと。という事は、我々は並ばなくて良いみたいですね。
しかし一体何の列なのか…何の為に並んでいるのか全く判明せず…(笑)

兎に角前の方へと行けば、きっと真相がわかるに違いない!そう思い、進んでみることに。

91-7r0013103.jpg

前に来たって人がスゴイ!

別に列に並んでいる人々が全てではないので当然なんですが、年末アメ横をチラッと思い出しました。上部の写真の中央に見えるのは神楽が行われている建物です。丁度人が居たんですが、暗くて見えませんね(-_-;)スイマセン

91-7r0013104.jpg

その脇では、長いすが置かれており、皆さん手に何かを持って食べています。

これ…大根?

大根まつりの下調べもせずにやってきたスタッフH。
揃って皆さんが大根食べている意味がわからない(笑)、さらに「よくよく考えたら、なんで大根なんだ?」とまで思ってしまいましたが、帰社して調べて納得。とりあえず、この大根。食べたいデショー!私だって「大根まつり」に来たんですから、大根食べたいッ!

スタッフHアンテナ(※ 周囲の会話に耳を傾けるだけ)を立てたところ、どうやら側に居た係員曰く

「お参りされた方に引換券をお渡ししていまーす」

とおっしゃられております。

スタッフH頭脳がピーンときました。

スタッフH頭の中
『ハッハーン。お参りする→引換券もらう→大根もらう→大根くう。そういう流れか。なるほどなるほどー。よーし』

スタッフHはスタッフAさんにすかさず

スタッフH「これ、お参りすると…」
スタッフA「引換券もらえるみたいだから行こう」

(;°ロ°)わ、わかっていらっしゃったのねー。

揃って、お参りすることに。新年行事が多くなると、お寺に行くたびにおまいりしておりますので、だんだんと手馴れてくるんですが、それよりこんなに沢山お参りしたら一体どれだけのご利益が…。今年も期待。

91-7r0013107.jpg

順番を待って、ソロリソロリとお参りします。

91-7r0013108.jpg

のぼりも立っていました。「奉納 大般若講 大根まつり」と書かれているようですね。

91-7r0013109.jpg

大根とお花がお供えしてありましたのでパシャリと。

無事お参りも済んで、引換券もゲット!

91-7r0013110.jpg

ほら!風呂吹き大根って書いてある。お神酒はさすがにちょっと無理ですが…。風呂吹き大根は頂きますよ!というわけで、無事にゲットした大根がこちら。

91-7r0013112.jpg

大根にかけられているのは「みそ」ですが多少ゆずの風味がしました。

温かくて美味しくいただきました!

91-7r0013113.jpg

91-7r0013115.jpg

残念ながら1日間の祭りになりますので、また来年!是非ご参加くださいませ(´ー`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です