先日、5月2日にやはりこちらの「大恐竜展」も来場者数30万人を突破したようです。そしてなんと!やはりゴールデンウィークは人気だった!5月4日に国立科学博物館始まって以来、最多入場者数を記録したそうですよ!(なんと17,108人) おめでとうございます(公式サイト情報)

やはり見所の「マプサウルス」の親子の全身骨格が人気なんでしょうか。
見たくなってきちゃいますね!!

列にはなっていないが…!?

090509-03-u01

私が到着したころは、まだ行列はできておらず。
それほど来場者数が居ないのかなぁと思いきや、小さなお子さん連れのご夫婦やおじいちゃんおばあちゃんがドンドンと入っていきます。

090509-03-u02

蒸気機関車D51の後方では、チケットを買うお母さんの姿も見られるほど。

明日10日は「地質の日」に関連したイベントが行われます。これらは大恐竜展のチケットでもご覧いただくことができますので、お子さんは「大恐竜展」へ。お父さんは「地質の日」イベントでギャラリートークを楽しむ。といったプランはいかがでしょうか?

追記!!本日5月9日締切!自然の不思議-物理教室

子どもの頃、不思議で不思議で強力な磁石を持っては公園や学校など色々なところに出かけて、ガードレールにくっつけて見たり、くっつく石がないか探したり…と、遊びの中心だった思い出のある磁石。

「磁石のおもしろさ -リードスイッチごまを作って遊ぼう- 」というイベントが5/30(土)に行われます。このイベントの申込み締切がなんと今日!

対象は小5から中3までとなります。WEBでもお申込みできますので、ご参加されてはいかがでしょうか。

公式ホームページで詳細情報をご覧いただくことができます!
http://www.kahaku.go.jp/event/ueno.php?month=200905

(編集部:たけをロック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です