ご無沙汰しております、特派員のオレンジラッキーです。

以前取材してきました、台東区竜泉にありますオリジナルハム・ソーセージのTAKE-ZO(タケゾー)のお店をご紹介いたします。

 

TAKE-ZO自慢のコンビーフソーセージや業務委託でソーセージを作るということで

作業工程の撮影許可を頂きました。

あまり機会がないので貴重な記事になればとも思っております。

 

また、そのあと、ちょっとしたTAKE-ZOの商品を使った簡単な料理もご紹介いたします。

少し長くなりそうなブログですが、お付き合いお願いいたしますね。

 

早速、お伺いすると案内していただいたのが、こちら!

1

釜の中です。

いきなりでビックリしました。迫力ありますね~。

鴨のくんせいや、ベーコン、ソーセージ、ハムなど沢山ありました。

釜のドアを開けた瞬間はスモークがモクモク出てきて中が見えないくらいでした。

 

では早速、作業の方を撮影していきます。

まずは、ある有名チェーン店の飲食店で出す業務委託商品から。

レシピはお客様の指示に従って作ります。品名はありません。ソーセージ類です。

 

2

まずは、材料の加工からです。

この大きな肉を細かく脂肪分とお肉で分けていきます。

更に細かく包丁で切っていきます。

 

さすがプロですね。手つきが早くて撮影がブレるブレる。

その中からブレていない1枚が上です。

 

3

細かく刻んだお肉をTAKEーZOオリジナルの配分で調味料、香辛料を加えて

ミキサーでさらに細かくします。

 

4

あのお肉がここまで細かくなりました。

 

5

更にお客様のご注文でこちらのお肉を加えます。

同じくミキシングします。

 

6

ミキシングしたお肉を腸に詰めるために更に違う機械にお肉を移し

手作業で腸にお肉を詰めていきます。

 

8

腸に詰めたお肉をお客様の指示通りの1本の長さにし、

それを写真のように釜でスモークします。

ソーセージの配列でスモーク加減が変化するようです。

 

9

出来上がりがコチラ。

ドアを空けた瞬間、スモークの迫力が襲い、またもやビックリしながら

スモークを手で仰ぎながら、出来上がりを早く見たい思いで撮影。

 

数秒後、香ばしい香りが漂います。

「早く食べたいですね」と私が急かすと、コチラはお客様のご注文分だから

違うのを後で・・・。(ガックリ)

 

さて、もう1品、TAKE-ZO自慢、そしてお店の大人気商品コンビーフだそうです。

早速作業が始まりましたので、またもや撮影。

11

あらかじめ煮込んでおいたお肉を先ほどのミキサーにかけます。

 

13

そして、出来上がりを1本にドーンと詰めます。

そして、タコ糸で一気に結び完成。

 

14

そのタコ糸を結ぶスピードが速くて、こちらも撮影がうまく出来ませんでした。

 

 

作業の過程では撮影できなかったのですが、

ハム・ソーセージは調味料、香辛料の配分がオリジナル製を出すために

とても重要な課程の一部だそうです。

12

こちらが後で撮影した撮影用に並べたTAKE-ZOの調味料。

詳しくは教えてくれませんでしたが、見れば解るものもありますね。

この調味料、香辛料から配分し、何度も何度も試食し完成したTAKE-ZOの

商品たちです。あとで商品一覧のホームページを紹介しますね。

 

さぁ~お待ちかねの料理です。

まずは「ボイルソーセージ・とグリルソーセージ」

16

ソーセージってもともと調理というより、焼くか煮るかで簡単ですね。

ポテトを添えてオリジナルTAKE-ZOマスタードで頂きました。

 

スーパーのソーセージとは全然違います。

パリっと腸の皮が破ける感じで食感も楽しめます。

 

次、コンビーフご飯

18

コンビーフを手でちぎって熱々のごはんに混ぜただけ。

19

こちらは私のお気に入りに入りました。

もちろんスーパーの缶詰コンビーフとは違いますよ。

一度、お試しの価値あり。

15

先ほど、作ったコンビーフの断面です。

そのまま食べてもGOOD!

 

 

 

TAKE-ZOのハム・ソーセージは全て国産の牛肉・豚肉・鶏肉を使用しているそうです。

もともと、お店のまん前にご兄弟がお肉やさんを経営しておりまして

お肉の目利きなんですね。

ついでにお肉屋さんを覗くと、和牛が一頭ごと全部で3頭、ぶら下がっておりました。

こちらビックリしました。

 

そして何といっても商品価格が安い!

一般のオリジナルで製造しているハム・ソーセージと比べると

TAKE-ZOの商品の価格は良心的です。

「高級店の味を下町価格で」という言葉を頂きました。

ホームページにも記載されております。

 

17

店頭はには色々な商品があります。

スモークハムやロースハムも気になりますね。

鴨のくんせいもありますよ。そばの上に乗せて食べた~い。

店主の気分で期間限定でしか作らない商品もあるとか。

 

 

20

最後に店長の竹内さんです。

取材のご協力ありがとうございました。

 

 

 

店舗情報

「ハム・ソーセージのTAKE-ZO」

住所:台東区竜泉1-31-1

最寄:地下鉄日比谷線入谷駅

電話番号:03-3873-4186

栄養時間:11:00~19:00 土曜日18:00まで

定休日:日曜・祝日 夏季 正月

ホームページ(ネットショッピングできます) http://take-zo.net/


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です