太陽がギラギラと照りつける東京・上野に

話題騒然のツタンカーメンがついに上陸しました!!!

エジプト考古学博物館所蔵
ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~

明日8月4日(土)から、上野の森美術館で開催!

この夏、最大人気となりそうな展覧会です。


大阪会場での総来場者数93万人!

東京会場は、さらに多くの方が来場されることと思います。

チケットブースも外に設置されているほどです。

チケット購入で並ばないように、事前購入をおすすめします。



入口では、2分半くらいのプロローグ的な映像が流れ、

その奥の扉が開いた瞬間に

ツタンカーメンの立像が登場!!! 迫力ありました。


会場では、テレビクルーの方やカメラマンの方も多く、

この展覧会の人気指数の高さがうかがえますね。



会場内は、黒背景に暗めの照明。

呪文のような(?)BGMがひっそりと響き渡り、

ちょっとオーメン的な背筋ゾクゾク感がただよっていました。


少年王ツタンカーメンは、生まれたときからこの上ない贅沢に囲まれていました。

ツタンカーメン王墓から発見された副葬品の数々が、所狭しと並んでいます。

キラキラ黄金系や、繊細で豪華な装飾品なども。綺麗ですよ~。


【シャプティ】

死者のかわりに、死後の世界での労働を行うために一緒に墓に入れられます。

シャプティいろいろありましたよ。お人形みたいでかわいいなと思ったけど・・・。


壁には、パネルも展示されています。下は、王家の谷全体図です。

他には、古代エジプト地図や王家の家系図などもありました。

会場が暗いので、見落とさないようにね。


この展覧会の主要の一つでもある

ツタンカーメン曾祖母チュウヤの人型棺。

全体像は、ぜひ会場でごらんくださいませ。

気品と迫力と豪華さが入り混じった美しさに感動しますよ~。


そして、異色のオーラに包まれた、ツタンカーメンの棺形カノポス容器。

長時間直視すると、ちょっと怖かったので、チラチラ見にしておきました。笑

カノポスは、内蔵を納める容器のことです。

このキラキラカノポスには、肝臓が納められていたそうです。

(その肝臓は今どこに・・・王家の呪いとかって・・・)


この夏は、

科学と考古学の融合によって解き明かされる、少年王ツタンカーメンの謎に

たっぷり浸ってみられるのはいかがでしょうか。

王家の呪いは、たぶん無いと思います・・。

きっと混み混みだと思いますので、

ジャックの混雑状況レポートでのチェックもおすすめです。


ツタンカーメン展の詳細は、こちらの特集ページをご覧ください。

オリジナルグッズのプレゼントもあります。8月21日までご応募受付中!


恒例のオマケ

ピラミッドは宇宙人が作ったというのが納得できる一枚!にょ~~。


ショップは、会場の入口の向かって右側にあります。

文具、ストラップ、お菓子、Tシャツなどがありました。


この缶ペンで、学校の人気者になれるかも~。

鉛筆セット 1600円。


カトパンとタカトシのお二人にも会えました。ウキ!

カトパン、とっても綺麗でした~。

ただいま、上野・浅草ガイドネットでは、

フェイスブックお友だち増加キャンペーン中です。

よろしくお願いします。

ガイドネット Facebookページいいね!キャンペーン

夏こそキムチ!!!

焼肉から韓国家庭料理まで、本場の味を食べに行こう!

東上野コリアンタウン特集はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です