キューバソレノドン講演会
「キューバソレノドン(アルミキ)、もう「謎」の珍獣とは呼ばせない
2012年春、アルミキ現地調査の報告と今後の展開」

平成24年3・4月に日本キューバ合同調査隊が捕獲することに成功した大型の食虫類(トガリネズミやモグラの仲間)「キューバソレノドン」(現地での呼び名:アルミキ)について最新の知見を紹介する講演会を開催します。

日時 平成24年9月19日(水)
13時30分~17時
場所 西園・動物園ホール
定員 100名
対象 18歳以上
内容 カリブ海の島国キューバの固有種である「キューバソレノドン」について、研究の歴史、生息地の紹介、調査内容の報告など、現在までに分かったことを研究者がお話しします。
応募方法 往復はがきに参加希望者全員の氏名・年齢と代表者の住所・氏名・電話番号、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、下記あて先までお送りください。
なお、応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらず返信します。


【あて先】〒110-8711 台東区上野公園9-83
恩賜上野動物園「ソレノドン講演会」係

【締 切】平成24年9月7日(金) 消印有効

【キューバソレノドンについて】
2012年3、4月にカリブ海の島国キューバの固有種である「キューバソレノドン」の生きた7個体を日本キューバ合同調査隊が捕獲することに成功しました。すみかとなる森林の減少、犬猫による捕食等により1970年代には絶滅したと考えられました。その後2008年に1頭が捕獲されたのみで、それ以降、今回の調査まで確実な生息記録はなく、絶滅の危機にあります。

「動物愛護標語」入選作品の発表と表彰式のお知らせ

動物愛護週間〔平成24年9月20日(木)~平成24年9月26日(水)〕に向けて、動物愛護に関する標語を募集しました(平成24年6月14日発表済)。
この度、応募総数1,990点の中から入選作品を決定しましたので、お知らせします。

【優秀作:5点】
標 語 作者名(敬称略) 年 齢
ぞうさんは自分でシャワーができるのね。 林 晴菜 6歳
どうぶつも ぼくらもおなじ ちきゅうの子。 川澄 貴文 7歳
ゴリラたち ラッパのように 合唱団 國府田 日向 11 歳
すずめはね 動物園の 情報屋 石井 都代 32 歳
うれしいな こうのとりや朱鷺が 舞う日本 赤松 菊夫 68 歳


【佳 作:7点】
標 語 作者名(敬称略) 年 齢
ゴリラさん なかよしいっか うちみたい 川崎 未柚子 6歳
どうぶつと 友だちになりたい わたしもどうぶつ! 高野 和佳 8歳
ペンギンが 水中とんでる ゆうゆうと 小柳津 虹太 8歳
カンガルー しっぽで立って キックする 前原 采奈 10 歳
アシカさん みんなで楽しく しりずもう 杉本 恭輔 11 歳
支え合う 猿から学ぶ コミュニティ 宮内 礼花 24 歳
目が合った 見ていたぼくが 見られてた 中川 幸代 48 歳
【表彰式】
日時 平成24年9月16日(日)
14時30分~15時30分
会場 西園 動物園ホール
内容 ア.入選作品の発表
イ.表彰式(入選者への賞状の授与と記念品の贈呈)
ウ.「ハッピーハーモニー・ジュニア」による合唱


「ハッピーハーモニー・ジュニア」とは・・・
台東区の小中学生を中心とした子供の合唱団。
現在、3歳から中高生まで約20名の子供たちが所属している。2001年から活動を開始し、台東区の行事や特養施設で合唱を行っている。

【入選作品の掲示】
入選作品12点は、西園子ども動物園の曲屋内に掲示します。

掲示期間:平成24年9月20日(木)~平成24年11月25日(日)
※企画の都合で、掲示の場所と期間が変更になる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です