2013.1.12(土)~2013.4.7(日)

東京国立博物館 本館特別5室にて、

東京国立博物館140周年 特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」

が開催されます。

円空

表面に漆や染料など一切塗られてなく、のみで削ったままの、木の生命力を残したような力強い像の数々。

間近で見ることで、その迫力に圧倒されそうです。

 

《 みどころ 》

•千光寺の円空仏を一挙公開

“円空仏の寺”として知られる飛騨・千光寺。本展では同寺のほぼすべての円空仏61体を一挙に公開します。

数ある円空仏のなかでも屈指の名作が揃います。

 

•秘仏「歓喜天立像」を特別開帳

千光寺でも7年に一度しか公開されない、秘仏「歓喜天立像」が特別に公開されます。

 

•飛騨の円空仏100体が一堂に

現在知られている約5000体の円空仏のうち、1500体以上が岐阜県にありますが、

飛騨高山には、とりわけ多彩な円空仏が残されています。

高山市内の14の寺社が所蔵する100体を東京で初めて一堂に紹介します。

 

•飛騨高山の森、上野に出現

円空は、木を割り、鑿(のみ)で彫って像を作りました。その表面には漆や色を塗っていません。

木目や節が見え、円空仏が「木」であることを強く印象付けます。

展覧会の会場には、ほとけの形をした木が100本林立することになります。

飛騨高山の森が上野に出現することになるのです。

 

《 開催概要 》

名 称:東京国立博物館140周年 特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」

会 場:東京国立博物館 本館特別5室

東京都台東区上野公園13-9

会 期:2013年1月12日(土)~ 2013年4月7日(日)

開館時間:午前9時30分 ~ 午後5時

※ 3・4月の金曜日は午後8時まで

※ 4/6(土)、4/7(日) は午後6時まで

※ 入館は閉館の30分前まで

休館日:毎週月曜日

※ただし1/14(月・祝)、2/11(月・祝) は開館、1/15(火) 、2/12(火)は休館

観覧料 当日 前売 団体
一般 900円 800円 800円
大学生 700円 600円 600円
高校生 400円 300円 300円

※ 団体料金は20名様以上。

※ 中学生以下は無料。

※ 障がい者とその介護者1名は無料。 (入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)

※ 前売券は2013年1月11日まで、正門チケット売場で販売。 

主 催:東京国立博物館、千光寺、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション

問合せ:03(5777)8600 (ハローダイヤル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です