明後日、12/7(土)から、国立西洋美術館で

「モネ、風景をみる眼」展が開催されます。

RIMG0110

光の画家と呼ばれるフランスの印象派の画家で、

特に同じモチーフを異なった時間、異なった光線の下で描いた連作を数多く制作しています。


その中でも最も作品数が多く、モネの代名詞とも言われている『睡蓮』の連作も展示されるようです。

それらモネの初期から晩年までの作品35点をはじめ、

当時の出版物などの関連資料などもあわせて紹介することで、

新しい視点からモネの絵画をご覧いただけるとのことです。


展覧会名

国立西洋美術館×ポーラ美術館

『 モネ、風景をみる眼 – 19世紀フランス風景画の革新 』

会 場

国立西洋美術館 (東京・上野公園)

〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号

開催期間

2013年12月7日 (土) ~ 2014年3月9日 (日)

開館時間

午前9時30分 ~ 午後5時30分

※ 金曜日は午後8時まで

※ 入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日 (ただし12月23日、1月13日は開館、翌火曜日は休館)

※ 12月28日 ~ 1月1日

観覧料金:

当日:一般1,400円、大学生1,200円、高校生700円

前売/団体:一般1,200円、大学生1,000円、高校生600円

※前売券は2013年12月6日(金)まで販売。ただし、国立西洋美術館では12月5日(木)まで

お問い合わせ

TEL. 03-5777-8600 (ハローダイヤル)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こんにちはSayukiです。

12月になり、今年も残すところわずかとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

上野公園で毎年このくらいの時期から行われていたライトアップは、今年は行われないのでしょうか?

(そういった記事を見かけた気もします)


それはともかく本日も、美術館・博物館情報をお送りしたいと思います。

まずは今週末から新しく始まるこちらから。

RIMG0111

「モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新」

2013年12月7日(土)~2014年3月9日(日)

 

「生誕150周年記念 国立西洋美術館所蔵 エドヴァルド・ムンク版画展」

2013年12月7日(土)~2014年3月9日(日)


上記で予告したモネ展と、同時開催のムンク版画展が明後日の土曜日から始まります。

同時代の高名な芸術家の作品を、一ヶ所で見られる機会ですよ。


RIMG0108

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展

11月23日 (土) ~ 12月23日 (月)

上野の森美術館


今日は少し引いたところから、券売り場の様子も撮影。

見たところ大きく混雑している様子はないようです。


RIMG0113

特別展「大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異」

2013年10月26日(土)~2014年2月23日(日)

 

企画展「砂漠を生き抜く -人間・動物・植物の知恵-」

2013年11月23日(土)~2014年2月9日(日)

国立科学博物館


RIMG0115

今の時期は学生さんなどは特に忙しいころでしょうし、混雑はないように思います。

やはり冬休みからが本番なのかもしれません。


RIMG0116

東京国立博物館は、京都展も先週で終了し、

今は小さい展示が4つほど行われてはいますが、特別展は行われていないです。

RIMG0117

そして予告としては、来年さっそく特別展が二つ開催される模様…。

こちらもまた後日改めてご紹介いたします。


RIMG0118

【特別展】ターナー展

2013年10月8日(火)~ 2013年12月18日(水)

東京都美術館


RIMG0120

ターナー展も残すところ2週間弱になりました。

先週は同じくらいの時間帯で券売り場も並んでいましたが、今週は少し減っていたように思います。

RIMG0122

ですが、12/3で入場者20万人を突破したということですし、

今週・来週が開催期間内で最後の週末にもなりますから、その時には混雑が予想されます。


RIMG0126 RIMG0124

その他都美術館では書展がいくつも開催されておりますので、そちらも是非チェックしてみてください。


今年の年末年始はどのように過ごされる予定でしょうか?

長いお休みになる人もいると思いますが、美術館でのどかに過ごす時間があってもいいかも知れませんね。


Sayukiでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です