2014年も残り5日!年末がどんどん押し迫ってきました。

インフルエンザが流行っていますが、予防につとめて、健康で楽しい年末年始をお過ごしくださいませ。

今年最後の展覧会ご案内は、新春1月15日から開催の「特別展 みちのくの仏像」です。


特別展 みちのくの仏像

会期:2015年1月14日(水)~ 4月5日(日)

会場:東京国立博物館(東京 上野)

東北の三大薬師が一堂に集結!

この展覧会には、東北の三大薬師と称される、黒石寺こくせきじ(岩手県)、勝常寺しょうじょうじ(福島県)、双林寺そうりんじ(宮城県)の薬師如来像をはじめ、東北6県を代表する仏像が出品されます。

2011年の津波被害を免れ住民の心の支えとなった給分浜観音堂(宮城県)の十一面観音菩薩立像など、19件26点の仏像が一堂に会する展覧会。

一木造や素地仕上げの素朴で力強い、また人間味のある東北の仏像の魅力に触れていただける貴重な機会となります。

★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★ 5組10名様に招待券プレゼントもあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です