寒い寒い寒い!凍るような寒さが続いてます。

外でスマホを触っていると、手が凍り付きそうです。

家の中でぬくぬくしているときがしあわせです。(〃▽〃)

2月、3月からも新しい展覧会が続々開催されますよ~。


シャセリオー展

会期:2017年2月28日(火)~ 2017年5月28日(日)

会場:国立西洋美術館(東京・上野公園内)


《 シャセリオーとは 》

テオドール・シャセリオー Theodore Chasseriau (1819 – 1856)
1819年9月、テオドール・シャセリオーは、カリブ海のイスパニョーラ島のエル・リモン(現ドミニカ共和国)でフランス人の父とクレオールの地主の娘である母のもとに生まれる。フランスに帰国後、11才でアングルの弟子となり、16才でサロンに初出品。以後、アングルの優美な線描の芸術を受け継ぎつつも、ロマン主義芸術への傾倒から、独自の道を探求。1856年10月、37才で死去。


シャセリオーの本格的展覧会は、今回が初めてとなります。
16歳で描いた自画像から、中期の代表作《アポロンとダフネ》、最晩年の《東方三博士の礼拝》まで、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約19点をじっくりとご堪能ください。


★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です