TBSアンデス・プロジェクト

1994年「黄金の都シカン発掘展」からはじまり、

2012年「インカ帝国展‐マチュピチュ『発見』100年」まで5回の展覧会を開催。

その集大成といえる展覧会が満を持してこの秋開催されます!


古代アンデス文明展

2017年10月21日(土)~ 2018年2月18日(日)

国立科学博物館(東京・上野公園)


南米大陸の太平洋岸に展開した、時間的にも空間的にもあまりに巨大で複雑な文明の全体像を、私たちはまだほとんど知りません。

アンデス文明をめぐる10の謎を解き明かせるか!

1 中南米原産の野菜が世界の料理を変えた?

2 アンデス文明はなぜ「石の文明」と言われるか?

3 地上絵は何のために描かれたか?

4 車輪の謎、土器の謎

5 インカ帝国を準備したワリ文化?

6 黄金文化を生み出したアンデス文明

7 貨幣も市場もない文明?

8 文字のない文化のなか、人々はどのように情報を記録したのか?

9 アンデスの人々は「世界」をどのようにとらえていたか?

10 ミイラはなぜ作られたのか?


行ってみよう~会場へ!

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です