国際コウモリ年記念特別展
「コウモリ展~吸血鬼なんかじゃないもん・・・」開催!

2011年と2012年は国連が定めた「国際コウモリ年」。あまり知られていませんが、哺乳類の種数の約1/4を占めるコウモリは、地球の生態系のバランスを保つために重要な役割を果たしています。
国内の動物園で最も多くの種類のコウモリを飼育している上野動物園では、そんなコウモリをより深く知ってもらうため、「コウモリ展~吸血鬼なんかじゃないもん・・・」を開催します。
今回の展示は、コウモリの会(※)で作成したパネル等の展示物の一部をお借りして開催します。どうぞご覧ください。

日時 8月23日(火)~9月19日(月・祝)
10時~15時
場所 西園ズーポケット
内容 (1)コウモリとはどんな動物か
哺乳類で唯一、自分の力で空を飛べるグループであるコウモリ。
どんな所に住んでいるのか、何を食べているのかなどを、わかりやすいパネルで解説します。

(2)コウモリの不思議
コウモリのいろいろな能力を、標本や模型を使って解説します。

(3)コウモリグッズの展示
理由もなく嫌われることの多いコウモリですが、中国では幸運をもたらす動物とされています。世界各国のコウモリグッズをご紹介します。

※「コウモリの会」
1992年に発足した日本のコウモリ類の研究と保護を考える会です。目撃情報の少ない日本のコウモリについての情報を集め、会報「コウモリ通信」で発信するとともに、コウモリの生態や自然界での役割について広く一般の方に知ってもらうことを目的に、1995年より毎年各地で「コウモリフェスティバル」を開催しています。

「コウモリ観察会」の参加者を募集します

「国際コウモリ年」である今年、上野動物園では、不忍池周辺で夕暮れから夜空を飛びまわるアブラコウモリを観察するとともに、身近にコウモリを呼ぶためのコウモリ巣箱づくりを行います。

日時 平成23年9月3日(土)
17時~20時30分
場 所 西園 動物園ホール、不忍池周辺
対象 小学生以上 40組(小・中学生は保護者同伴のこと)
内容 不忍池を飛びまわるコウモリの様子を観察するとともに、コウモリの出す超音波を特殊な機械で聞きます。また身近にコウモリを呼ぶための巣箱作りも行います。出来上がった巣箱は持ち帰っていただきます。
参加費 300円(巣箱材料費)※1組で1個作成していただきます。
応募方法 往復はがきに、参加者全員の氏名(1枚に4名まで可)・年齢・代表者の住所・電話番号を、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、下記あて先までお申し込みください。
※応募者多数の場合抽選とし、当落にかかわらずお知らせします。
【あて先】
〒110-8711 台東区上野公園9-83
恩賜上野動物園「コウモリ観察会」係
【締 切】
平成23年8月20日(土)消印有効

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です