中国・朝鮮・インドなどの美術工芸品を中心に約2万件のコレクションを誇っている、

東京国立博物館・東洋館

kbi_art_no040_01

所蔵先(東京国立博物館)

 

2009年6月から耐震補強工事で休館していたのですが、

今年2013年1月2日(水)についにリニューアルオープンしました。

詳しくはこちらから → 東京国立博物館 東洋館 リニューアルオープン!

 

地震に強い建物になったことはもちろん、

展示ケースには低反射ガラスを用い、蛍光灯に代わって導入したLED照明で、

より美しく、見やすい展示になります。

 

また、展示室を増やし、これまで限定公開しかできなかった

「クメールの彫刻」や「インドの細密画」、「清時代の工芸」にも、専用の展示コーナーを設けられたそうです。

 

この機会に、是非東洋の文化を体験してみてください。

《 東洋館のみどころ~4大コレクション~ 》

•中国の絵画・中国の書跡

本国にも無い、唐・宋・元の名品

•中国の陶磁

寄贈品を中心に、一級の青磁、三彩、色絵の数々。

•中国の漆工

多種多彩な技法の魅力に出会う、日本一のコレクション

•西域の美術

大谷探検隊がもたらした、西域の仏教美術

 

《 開催概要 》

会 場:東京国立博物館 東洋館

東京都台東区上野公園13-9

会 期:2013年1月2日(水)~

開館時間:午前9時30分 ~ 午後5時

※ 入館は閉館の30分前まで

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日または休日の場合は開館し、翌火曜日に休館)

観覧料:当日 団体

一般 600円 500円

大学生 400円 300円

※ 団体料金は20名様以上。

※ 高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は、

総合文化展について無料。

(入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。)

※ 障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料。

(障がい者手帳などをご提示ください。)


大きな地図で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です