そろそろ梅雨が足音を立てて近づいてますが、

上野公園で青々とした木々に囲まれるだけでも、気分爽快になれそう。

雨上がりの水滴のついた葉っぱもなかなかいいものです。

晴れの日も、曇りの日も、雨の日も、芸術は心を穏やかにしてくれます。

そんな心の憩いにピッタリな展覧会が7月にやってきますよ~。


日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」

2017年7月4日(火)~ 2017年8月27日(日)

東京国立博物館 平成館(東京・上野公園)

今年(2017年)は日タイ修好130周年にあたります。この節目の年に修好記念事業として展覧会を開催します。

タイでは、仏教は人々の暮らしに寄り添う大きな存在であり、長い歴史のなかで多様な仏教文化が花開きました。

本展では仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化をご覧いただきます。また、日本とタイの交流史についても合わせて紹介します。

(東京国立博物館サイトより抜粋)


仏像は見れば見る程、長い時間をかけて見つめるほど、その素晴らしさが伝わってくるような気がします。

タイの歴史と文化が詰まった数々の作品をみて、心を浄化したいですね。


★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★

★ 5組10名様に招待券プレゼントあります!
★ 展覧会詳細と招待券応募はこちらから

★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★・・★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です